横須賀版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

三浦学苑 「都大路」の夢 届かず 県駅伝 過去最高2位も涙

スポーツ

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena
トップと90秒差でゴールしたアンカーの今井千尋選手(右)
トップと90秒差でゴールしたアンカーの今井千尋選手(右)

 県高校駅伝大会が今月5日に丹沢湖周回コース(山北町)で行われ、三浦学苑女子は2位でのフィニッシュとなった。優勝候補に挙げられていた同校だが、各都道府県の優勝校で争われる都大路(京都府)での全国大会には一歩届かず。過去最高順位を記録したが、悲願を達成できず選手らは涙を飲んだ。

2選手が区間賞

 三浦学苑女子は地元の有力選手が集まり、県駅伝大会では3年連続で3位入賞を果たしている県内屈指の強豪。今年はインターハイ出場のエース長濱夕海香選手(3年)をはじめとした4人が昨年の大会を経験しており、市勢としては旧久里浜(現横須賀明光)高校以来19年ぶりの優勝に期待がかかっていた。

 「都大路」を目標に臨んだ丹沢での5区21キロ。各校エースが揃う最長区間1区(6キロ)、長濱選手は先頭集団で並走していたが、残り1キロ地点にいた顧問の安井裕紀教諭から指示を受け、スパート。集団から抜け出してトップで2区へ。受けた中沢りんご選手(2年)も良い流れを切らさず区間賞の走り。しかし優勝がちらつき始めた3〜4区の中継所で荏田高校(横浜市都筑区)に逆転を許すと、そのまま最後まで差は縮められなかった。

 2位となった同校女子は11月19日(土)に群馬県で行われる関東大会に回る。

 勝負の分かれ目について安井教諭は1区を挙げた。長濱選手の快走による逃げ切りを勝ちパターンと考えていた同校。狙い通りトップでのリレーとなったが気温18度と昨年より3度も高い暑さもあり、全体としてスローペースで差が広がらず。「もっとリードして後輩たちにつなげれば…」とレース後に涙を浮かべたエースは責任を背負った。

* * *

 3年連続の出場となった3区の檜垣好選手(3年)。岩戸中ではバスケ部に所属。高校でも続けるつもりでいたが、毎年馬堀で行われる中学校対抗駅伝で3年連続区間2位の走りを見せると、素質を見込んだ安井教諭に誘われ、高校からは陸上に転向。今夏のインターハイでは800mに出場するなど成績を残した。

 今回のレースでは3回目となる3区で首位の座を明け渡す形にはなってしまったが、それでも区間2位の堂々とした走り。「悔しさもあるけど、このメンバーで駅伝を走れて良かった」と充実した表情も見せた。

来年に「光」も

 全国を逃したとはいえ、過去最高順位を記録した同チーム。安井教諭が指揮を執るようになって10年、着々と順位を上げてきた。今回もこの3年間ワンツーを独占していた荏田と白鵬女子(同鶴見区)の県2強に割り込んだ結果に対して安井教諭は「大きな前進」と手応えを感じている。

 今大会を経験した2年生の3人が残り、過去最多となる1年生の入部が予定されている来年に、同校初となる「都大路」の夢は引き継がれていく。

横須賀版のトップニュース最新6

「映え」狙った壁面アート

うみかぜの路

「映え」狙った壁面アート 社会

若い女性来訪の呼び水に

11月20日号

22年4月に開園

(仮称)中央こども園

22年4月に開園 教育

病児・病後児保育も併設

11月20日号

共済病院にPCRセンター

横須賀市

共済病院にPCRセンター 社会

1日最大150件の検査体制

11月13日号

行政のデジタル化推進

旧軍港4市研究会発足

行政のデジタル化推進 政治

民間事業者交え、福祉分野など

11月13日号

「撤退」から「存続」へ

さいか屋横須賀店

「撤退」から「存続」へ 経済

新店舗名、立地などは未定

11月6日号

「環境学習」体験島へ

猿島

「環境学習」体験島へ 経済

教育旅行の誘致拡大めざし

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク