横須賀版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

事業展開の”想い”熱弁 「みらいピッチ」に6人登壇

経済

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
「言葉の壁を越えて人との絆をつなげたい」と井上さん
「言葉の壁を越えて人との絆をつなげたい」と井上さん

 業種や職種の壁を越え、先駆的な活動への「想い」を共有して、賛同・協力につなげたい―。今月19日、小川町に開設したシェアスペース16Startupsで「みらいピッチin三浦半島」が催された。”ピッチ”とは、事業・サービスなどのアイデアやビジネスプランを短くプレゼンテーションすること。当日は、約30人が参加。横須賀・三浦を拠点に事業を展開する6人が、地域への想いや今後の展望をそれぞれ、10分の持ち時間で語った。

 登壇者のひとり、井上芙美さんは、基地内居住者が市街に出ないことを知り、「交流の場や日本を知る機会も増やしたい」と市内でバイリンガルの保育園を立ち上げた。「自分には”想い”しかないけれど、仲間ができて、事業が広がっている。人と人をつなぐため、これからも挑戦していきたい」と話した。また、地産地消に特化した飲食店を展開する下澤敏也さん((有)たのし屋本舗)は、「地元の人でも地場の美味しいものを知らない。生産者の想いや誇りのストーリーを伝えるのが食を生業とする自分の役割。そこから加工事業など、つながりが生まれている」と語った。

 参加者からは「つながることでの新たな展開に期待したい」「グローバルとローカルの時流をつかみ、人と人、人とものをつなぐ”空気”を大切にしたい」などの声が上がった。そのほかの登壇者は、安藤知史さん(ANAテック(株))・石橋匡光さん((株)三崎恵水産)・大森英一郎さん((株)ラントリップ)・天白牧夫さん(NPO法人三浦半島生物多様性保全)。次回の開催は来年5月を予定している。

横須賀版のローカルニュース最新6

希望者募り抗体検査

新型コロナウイルス感染症

希望者募り抗体検査 社会

費用は公費で負担

10月30日号

万代会館で秋の自然体験

万代会館で秋の自然体験 文化

来月1日にテラコヤイベント

10月30日号

おりょう住居跡に案内板

おりょう住居跡に案内板 文化

湘南海援隊の呼びかけで

10月30日号

災害時の相互協力で協定

災害時の相互協力で協定 社会

眞仁会と横須賀エフエム

10月30日号

買い物客にエコバッグ

追浜大通り3丁目商店会

買い物客にエコバッグ 経済

抽選セールで進呈

10月30日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月30日号

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク