横須賀版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

映画「みんなの学校」 小学校での巡回上映目指す 「すかすかいっぽ」メンバーが奔走

文化

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 「横須賀のバリアフリー情報局」を掲げ、障害児の保護者らが今年立ち上げた「sukasuka─ippo(すかすかいっぽ)」が、市内の小学校で映画「みんなの学校」の上映会を企画している。

*  *  *

 きっかけは、9月に同団体が開いたこの作品の無料上映会だ。特別支援級を設けず、障害児と健常児が同じ教室で学ぶことを試みた公立小学校の歩みを描くドキュメンタリーで、「すべての子どもに居場所のある学校を作りたい」という思いを追ったもの。

 当日は、約280人の参加があり、アンケートでは「学校の先生にも見てもらいたい」「子どもと一緒に見て考えたい」という回答が多くあった。その後に行った意見交換会でも、「当事者以外の、普段あまり関わってない人たちが見る機会を設けたい」などの声もあった。

*  *  *

 そこで持ち上がったのが、小学校での巡回上映。小学生を対象にしたのは、「支援教育や配慮が必要な友達の個々の”違い”を偏見ではなく、特性として理解して関わることを学んでほしい」という思いから。同代表の五本木愛さんは、「学校という枠組みだけではなく、地域みんなで一緒に子どもを育てるという意識も醸成できれば」と、児童・教員だけでなく、保護者や地域の人が鑑賞できる形式を考えている。

 第一弾として、1月中旬に鴨居小学校で”特別授業”が計画されている。授業内の2時間を活用し、対象学年は学校に一任。鑑賞後はアンケートや意見交換をしながら、学びを深める方向だという。

 今後は、市内全47校を年間6校ずつ巡ることを目標に、各小学校と交渉を進めたい考えだ。上映に関する費用は、地元企業や商店などからの協賛を募っており、「開催告知のチラシで店舗などを紹介することで、地域ぐるみの活動に発展させることができれば」と話している。

*  *  *

 学校現場では今、障害の有無に関わらずできるだけ同じ場で共に学ぶことを目指す「インクルーシブ教育」

の取り組みが進む。「(この映画を)ひとつの視点として参考にしてほしい」と五本木さん。作品の姿が、理解や学びのきっかけとなることを期待している。

横須賀版のローカルニュース最新6

「仕事は段取りが大事」

「仕事は段取りが大事」 教育

小学生が製造現場に学ぶ

8月16日号

三浦学苑、全国決めた

高校軟式野球

三浦学苑、全国決めた スポーツ

5年ぶり南関東大会で優勝

8月16日号

プールでタッチ

プールでタッチ 経済

チョウザメと遊泳

8月16日号

海を見ながら水遊び

海を見ながら水遊び 文化

「すかび隊」主催イベント

8月16日号

海自音楽隊の迫力演奏

海自音楽隊の迫力演奏 文化

「観艦式」記念コンサート

8月16日号

みんなで「らくがきアート」

みんなで「らくがきアート」 教育

女優の東ちづるさん参加のイベント

8月16日号

被爆体験「語り続ける」

被爆体験「語り続ける」 文化

サポセンで展示発表

8月16日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マッサージで癒し

神奈川衛生学園専門学校

マッサージで癒し

9月28・29日の学園祭で

9月28日~9月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク