横須賀版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

「空き家改修体験」で集客 地元住民らが事業提案

文化

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
短時間で事業案をまとめて発表(=11日)
短時間で事業案をまとめて発表(=11日)

 「半島の新観光力を創造」と題し今月11日、フィールドワーク体験をもとにしたワークショップが催された。4市1町の三浦半島観光連絡協議会と神奈川県が連携した「魅力最大化プロジェクト」の一環で、地元住民らの意見を地域活性や広域観光につなげるための事業。グループ単位でアイデアを出し合い、具体的な計画にまとめて発表する”アイデアソン”という形式で進められた。

 参加者は午前中、事務局の案内で「路線バス途中下車の旅」「移動を楽しむグルメ旅」「中世と近代をつなぐ歴史再発見」などのテーマで三浦半島内の観光スポットを体験。午後は湘南国際村センターに会場を移し、グループに分かれて活性化アイデアを出し合った。それぞれ「首都圏に住むファミリー」「都内在住、30歳独身女性」「ミリタリー好きな男性」などと対象を設定し、これに観光を掛け合わせた具体的な事業案を作成した。

観光振興アプリも開発

 19日・20日の両日は、これらの案を基に、具体的な計画を作成、3グループが成果発表を行った。自然の中で高級ホテルのような宿泊体験ができる「グランピング」を提案したメンバーは、「ターゲットは、20〜40代の女性。都心から近くてかつ、日常から逃避できる場所」として”海外に行くなら、まず三浦へ”とキャッチフレーズも打ち出した。別のチームは、谷戸の空き家を参加型のDIYで改修し、宿泊施設を運営する計画。クラウドファンディングの活用も盛り込んだ。

 また、併行してIT部門の開発も行われた。「観光事業を加速するサービス」をテーマに、位置情報と連動したドライブ案内や「週末は三浦で学ぶ」と題した講師のマッチング、食の投稿データベースなどのアプリやシステムを2日間で構築して発表した。

 今回、事業・IT部門で出されたアイデアやアプリは、同協議会内でさらに精査し、実現を検討していくという。

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク