横須賀版 掲載号:2017年3月31日号 エリアトップへ

ソプラノ歌手 横森由衣さん 10年の集大成 舞台に込め 初のソロリサイタル

文化

掲載号:2017年3月31日号

  • LINE
  • hatena
透明感あるソプラノで会場を魅了する
透明感あるソプラノで会場を魅了する

 地元出身の音楽家が活躍できる場を―と、2015年に発足した「よこすかの音楽家を支援する会」。立ち上げコンサートからメンバーとして名を連ねる大津出身の横森由衣さん。4月2日(日)には、キャリア初のソロリサイタルをヨコスカ・ベイサイド・ポケットで開く。

*  *  *

 音楽教室を営む両親のもと「身近に音楽があった」という少女が夢中になったのは、ミュージカル。中学3年生の時に劇団四季の「オペラ座の怪人」を観て「舞台に立ちたい」と想いを募らせた。本格的に声楽を学び始めたのは高校に入ってから。東京藝術大学声楽科に進み、今月、同大大学院オペラ専攻を修了した。その間、数々のコンクールで入賞を果たし、若手オペラ歌手として多くの舞台に上がってきた。

 間近に迫ったソロリサイタルは大学院修了と、声楽を始めて10年の節目となる特別なもの。学生時代を振り返るとともに、支えてくれた周囲への感謝の気持ちを込める。「これまでの集大成と次のステージへの歩みを自分らしく彩りたい」と趣向を凝らしたプログラムを用意。1部は日本歌曲やアリア、2部ではオペラを披露する。演目は歌劇「電話」。舞台装置や照明、演出を専門家が手掛ける「観ても楽しめる新しい形のコンサート」。オペラを身近に感じるきっかけに―そんな自負も垣間見える。

*  *  *

 今月中旬に行われた同会のワンコインコンサートに、ゲストとして出演。ブロードをまとったような気品ある高音で、会場の空気をふんわりと包み込んだ。

 小学生の頃、合唱団での経験はあったが、独りで歌うのは「まだまだ慣れない」とはにかむ。今回のリサイタルは、そんな殻を破って、「真摯に一歩ずつ、より貪欲に進みたい」という決意の舞台。地元・横須賀でのステージに、音楽を介した新たな出会いがあることを期待している。

*  *  *

 午後2時15分開場、3時開演。全席自由2000円。詳細は同会の宮本さん【電話】046・842・7592(4月1日まで)

オペラにも多数出演=本人提供
オペラにも多数出演=本人提供

横須賀版のローカルニュース最新6

猿島舞台にVRゴルフ提案

猿島舞台にVRゴルフ提案 経済

実現に向け立案と検証

10月11日号

「バイクの魅力、広めたい」

「バイクの魅力、広めたい」 スポーツ

世界選手権参戦中の長島さん

10月11日号

会派マニフェスト発表

よこすか未来会議

会派マニフェスト発表 政治

政策課題を市民と共有

10月11日号

迫力の運慶仏

迫力の運慶仏 文化

芦名・浄楽寺で開帳

10月11日号

観艦式グッズで盛り上げ

さかくら総本家

観艦式グッズで盛り上げ 社会

特別パッケージやTシャツ販売

10月11日号

呑兵衛の祭典

横須賀中央周辺

呑兵衛の祭典 経済

流しの漫才コンビも登場

10月11日号

スカジャンで横須賀ロック

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク