横須賀版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

津久井浜に世界が集結 地域活性の追い風に期待

スポーツ

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena
世界レベルのスピードを目の当たりにできる
世界レベルのスピードを目の当たりにできる

 世界のトップセイラーがしのぎを削るウインドサーフィンのワールドカップ(以下W杯)が、津久井浜海岸を舞台に5月11日(木)から16日(火)の日程で実施される。24年ぶりの国内開催。全国の愛好家やファンから熱い視線が注がれており、期間中3万人の来場者を見込む。迎える地元も応援ムードに沸いている。

ウインドサーフィンW杯

 大会メインスポンサーを全日本空輸株式会社(ANA)が務める。同社の社員提案が大会誘致のきっかけとなり、全国屈指のゲレンデとして知られている津久井浜が会場に選ばれた。横須賀市も主催者に名を連ねており、実行委員メンバーとして準備を進めてきた。

 大会ではウインドサーフィン種目のうち、早さを競う「スラローム」と呼ばれる競技が行われる。風速4m以上の風が吹けばレースが成立し、連日観戦が楽しめる。約90人の選手がエントリー、迎え撃つ日本人勢は20人。津久井浜をホームとしている穴山未生、須長由季、鈴木文子の3選手は表彰台を狙える位置まで競争力を高めており、大きな期待が寄せられている。

 会場では、レース観戦だけでなく、家族連れで楽しめるイベントも用意されている。地元の人気飲食が出店する三浦半島グルメフェスに、航空券や宿泊券が当たるプレゼント大会もある。

波及効果も

 W杯を地域活性につなげようと地元も動いてきた。ボランティア有志で「市民応援団」を結成、これまでチラシ配布などの地道なPR活動を展開してきた。本番では会場誘導や場内清掃等で運営の支援を行うという。飲食店では関連商品の開発も進んでいる。

 横須賀市もマリンスポーツが楽しめる環境を前面に押し出した定住戦略を仕掛ける。津久井浜周辺に移住体験用の住宅を確保し、海を感じる暮らしを味わってもらう方針だ。

横須賀版のトップニュース最新6

故郷への思い縫って表現

佐島出身柵瀨さん

故郷への思い縫って表現 文化

横浜美術館で来月13日まで個展

11月27日号

「駅」テーマにご当地弁当

「駅」テーマにご当地弁当 経済

市内飲食事業者が発案

11月27日号

「映え」狙った壁面アート

うみかぜの路

「映え」狙った壁面アート 社会

若い女性来訪の呼び水に

11月20日号

22年4月に開園

(仮称)中央こども園

22年4月に開園 教育

病児・病後児保育も併設

11月20日号

共済病院にPCRセンター

横須賀市

共済病院にPCRセンター 社会

1日最大150件の検査体制

11月13日号

行政のデジタル化推進

旧軍港4市研究会発足

行政のデジタル化推進 政治

民間事業者交え、福祉分野など

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク