横須賀版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

北下浦応援団 有志集い大会後押し

スポーツ

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 ウインドサーフィンと津久井浜の魅力を伝え、市民レベルで大会を盛り上げようと地元住民や商店主らで結成した「北下浦応援団」。名物の考案や地元小学校での授業の協力、海岸清掃活動など年齢・職業の垣根を超えて展開し、機運向上の一翼を担っている。

 北下浦観光協会では、大会観覧と併せて会場周辺の街歩きが楽しめる地図「つくいはまっぷ」を発行。応援団メンバーの伊東ひろみさん=写真中央=を中心に、三浦市在住のイラストレーター砂山恵美子さん=同左=とデザイナーの小木久美子さん=同右=姉妹が編集した。

 店舗情報をはじめ、津久井に伝わる逸話や歴史、実際に歩いて収集した直売所情報など知る人ぞ知る見どころを数多く盛り込んだと言い、「津久井浜はホッと落ち着ける良さがある。その温かみが伝われば嬉しい」と砂山さん。

 応援団団長の坂本喬彦さんは、「観客のみなさんに楽しんでもらえる環境を作れたら」と意欲を見せた。

歌声にエール込めて--伊三野ヤスヨさん

 テレビコマーシャルでの歌唱やソングライターとして活躍する伊三野ヤスヨさん(粟田在住)も応援団の1人だ。

 団体が独自に制作、配信する大会プロモーション動画でBGMを担当。さらに自身がボーカルを務める音楽ユニット「ドライドボニート」の手掛けた楽曲「Wind Blue」が、大会公式テーマソングにも採用された。「風を受けて海を駆ける様子や自然相手、自然と調和するウインドサーフィンならではのカッコよさを表現したかった」と着想を語る。一見すると優雅そうだが、その実は時速70〜80Kmにもなる激しいスポーツであることを知り、2つの異なる顔をメロディーに投影したという。

 「音楽で盛り上げたい」。出場選手と大会を支える津久井浜へのエールを歌と潮風に乗せて送る。

カッコよさを前面に出した楽曲に仕上げた
カッコよさを前面に出した楽曲に仕上げた

横須賀版のローカルニュース最新6

石田さんに財務大臣表彰

青色申告会

石田さんに財務大臣表彰 社会

税知識の普及に寄与

11月20日号

「駅伝女子」が関東進出

久里浜中学校

「駅伝女子」が関東進出 スポーツ

11月20日号

走る、歩く 笑顔で5キロ

走る、歩く 笑顔で5キロ スポーツ

馬堀海岸遊歩道「パークラン」

11月20日号

谷口さん主催サッカー大会

谷口さん主催サッカー大会 スポーツ

MVPに神明小の江上君

11月20日号

「コロナ禍でもつながりを」

「コロナ禍でもつながりを」 文化

浄土寺で「おゆきの会」が催し

11月20日号

愛艇は木製手づくり

愛艇は木製手づくり 文化

矢作海岸でビルダーの集い

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク