横須賀版 掲載号:2017年7月7日号 エリアトップへ

悔しさ残る「津浜旋風」 荻野哲朗さん(津久井浜高卒 47歳)

スポーツ

掲載号:2017年7月7日号

  • LINE
  • hatena
守備の要として3番ショートで活躍
守備の要として3番ショートで活躍

 人口40万人以上の市町村で、甲子園に出たことがない都市は横須賀市のみ。市民にとって甲子園出場は悲願だが、過去に1度だけ希望の光を見せたことがあった。

 さかのぼること30年前。津久井浜高校が並み居る強豪を下し、ベスト4に進出した。「津浜旋風」―。そんな呼び方で注目され、地元では市勢初の快挙に大いに沸いた。当時、「津浜野球部」のカバンを持っているだけで声をかけられるほどだったという。

 周囲の人たちの興奮をよそに、荻野は笑顔になれなかった。「優勝しなければ意味がない」。「勝ち上がった」というよりも「準決勝敗退」という印象だけが強く残っている。

 今でも忘れない、7月29日。2年生にして3番ショートを任されていた。「絶対的なエースの存在と好調の打線。全く負ける気がしなかった」。その言葉通り、とんとん拍子で勝ち上がっていった。優勝が見えてきた準決勝のY高戦。「そんなに甘くなかった」。2点リードされ迎えた5回、スクイズで追加点を奪われた時、初めて「敗戦」の2文字が頭をよぎった。最終回、掴みかけていた夢の「甲子園」に届かないとわかった瞬間、グラウンドの土を涙が濡らした。「あの悔しさは死ぬまで忘れない」。記録だけ見れば、「快挙」として取り上げられる。その一方で、戦っていた荻野さんには「後悔」の記憶として脳裏に刻まれている。

*  *  *

 高校卒業後、社会人でも野球を続けた。「人生のほとんどが野球でできている」。47歳になった今でも一番の楽しみは草野球。打席に立つ度に、応援団の声援や仲間の姿を思い出す。負けた悔しさも含めて、最高の思い出。「あの時の打席がお金で買えるなら、いくら出しても戻りたい」

 自分たちが勝ち取ることのできなかった甲子園への切符。毎年願うのは市勢初の優勝だ。いつかまた、横須賀から「旋風」が巻き起こることを待ち望んでいる。

今でも守備位置はショート
今でも守備位置はショート

横須賀版のローカルニュース最新6

経済を知り一手打つ

経済を知り一手打つ 経済

横須賀商議所の「平松塾」

5月20日号

理解できないを味わう

映画『夜を走る』

理解できないを味わう 文化

佐向監督が舞台あいさつ

5月20日号

検定試験を市が助成

検定試験を市が助成 教育

中学生の漢検・数検・英検

5月20日号

好きなことで自由に遊ぶ

好きなことで自由に遊ぶ 教育

不登校親子のよりどころ

5月20日号

土器で作るフラワーポット

土器で作るフラワーポット 文化

田浦の穴窯で焼成

5月20日号

長坂の田んぼ田植え体験会

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook