横須賀版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • はてぶ

 石内都さんの個展「肌理(きめ)と写真」 横浜美術館 記憶と時間の痕跡

文化

▲《絶唱、横須賀ストーリー #80本町》1976-77年 横浜美術館蔵
▲《絶唱、横須賀ストーリー #80本町》1976-77年 横浜美術館蔵
 6歳から19歳の多感な成長期を横須賀で過ごした写真家・石内都さんの個展が、横浜美術館(横浜市西区)で開かれている。会期は3月4日(日)まで。

 横須賀を題材にした作品でデビューしてから、昨年で40年。住人のいないアパートや身体の傷跡、大正・昭和の女性たちが愛用した絹織物、亡き母や被爆者らの遺品―など”時間の記憶”を綴ってきた。

 今回の個展は、国内では8年ぶりとなる大規模なもの。「石内都 肌理と写真」と題し、横須賀での活動以降を区切りとして、現在暮らす「横浜」のほか、出生地の桐生市に伝わる「絹」をテーマにした作品、「無垢」「遺されたもの」の4部構成で、初期から未発表作まで約240点を見ることができる。

写真家としての原点

 同時開催のコレクション展では、初期の代表作「絶唱、横須賀ストーリー」の全55点を展示している。1960〜70年代当時、横須賀に抱いていたのは、違和感や嫌悪といった感情だったという。ふとしたことからカメラを手にし、米軍基地のある特異な街の姿、光と影のコントラスト、時代の息遣いをそのまま閉じ込めたような粗い粒子の「ヴィンテージプリント」で映し出した。のちに石内さんは、この街を「良くも悪くも大きなカルチャーショックを受けた場」と語り、同作を「写真を始めた時期の思い入れの強いもの」と話している。

 展示に関する問い合わせは、横浜美術館【電話】045・221・0300

◀個展会場で取材を受ける石内さん=昨年12月
◀個展会場で取材を受ける石内さん=昨年12月

横須賀版のローカルニュース最新6件

円熟の響きで会場魅了

馬堀中卒業生の弦楽楽団

円熟の響きで会場魅了

10月19日号

アートなボルダリング

くりはま花の国

アートなボルダリング

10月19日号

「独自の文化花開いた」

市立2病院体制「議論深めて」

旅で学んだ「食と人」

「健康な歯」を表彰

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク