横須賀版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • はてぶ

浦賀が「うらが」応援 掃海母艦の後援会発足

社会

出典・海自ホームページ
出典・海自ホームページ
 浦賀水道を艦名のルーツとする海上自衛隊の掃海母艦うらがと浦賀地域の交流を目的とした「掃海母艦うらが後援会」が先ごろ発足した。自衛隊OBや地元住民約20人がメンバーとなっており、会長を市議会議員の永井真人氏が務める。

 掃海母艦は、機雷の除去を任務とする航空機や艦艇の移動基地としての役割を担っており、燃料や物資の補給を行っている。艦内には医療設備も完備。機雷掃海にあたるダイバーが潜水病を発症した際には治療を行うことができる。このほか、海上から陸上兵力を上陸させる水陸両用戦の任務も受け持っている。

 同後援会では、うらがの役割の重要性を広く市民に知ってもらうとともに、隊員との親睦の機会を設けていく。活動をWEBで発信していくほか、同艦で日常的に食されている”海自カレー”のレシピ提供を受け、咸臨丸まつりなどのイベントで提供することなども検討している。永井会長は「『うらが』は横須賀の地名がついた唯一の艦船。つながりを大切にしていきたい」と展望を話した。入会金と年会費はそれぞれ法人5千円、個人1千円。問い合せはメールアドレス【メール】uraga.mts.463@gmail.com

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク