横須賀版 掲載号:2018年2月9日号
  • LINE
  • はてぶ

野菜×まぐろで新土産 栽培キットを商品化

経済

手掛けた栽培キットを手にする桑村さん
手掛けた栽培キットを手にする桑村さん
 女性が開発・企画した優れた商品やサービスを県が認定する「なでしこブランド」。ITデザイン制作会社「合同会社オン・ザ・ハンモック」の桑村宰知子さん(三浦市在住)が手掛けた「食彩GARDEN(ガーデン)三浦やさい栽培キット」が、このほど認定を受けた。

 商品のコンセプトは「美味しい野菜を手軽に育て、料理して食べる」。家庭で簡単に野菜づくりが楽しめる二十日大根の栽培キットには、有機肥料・種・プランターと、三浦らしさを詰め込んだ。

 デザイナー業の傍ら、三浦半島の食の魅力を伝える異業種団体「三浦半島 食彩ネットワーク」の事務局を務める桑村さん。メンバー同士のユニークな取り組みを知ったことが商品化のアイデアとなった。

 水産加工会社が農家とタッグを組んだ”まぐろ肥料”もその一つ。冷凍まぐろの加工過程で出た残渣を乾燥させたもので、「土地の魅力を伝える三浦ならではの肥料。もっと生活に身近な形にできないか」。新たな土産品の開発を長年思案していたこともあり、栽培キットの開発に至ったという。

 パッケージデザインには、あえて違和感を持たせた。「やさい栽培」の文字の横には自らが描いた大きなまぐろのイラスト。さりげなく結ばれたリボンは、洋菓子の包みを思わせる。試行錯誤を経て目指したのは「贈って嬉しい・貰って嬉しい三浦土産」だという。

 今後はオンラインショップなどを活用した販路拡大を視野に入れており、横須賀中央のリドレ横須賀で2月17日(土)に行われる「食彩マーケット」内でも販売予定(午前10時から)。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク