横須賀版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

横須賀中央エリア 開発事業に一定のルール 地元関係者が指針策定

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
現在、開発検討が進んでいる若松町1丁目地区
現在、開発検討が進んでいる若松町1丁目地区

 商業施設併設のマンション建設計画などが進む横須賀中央エリアで、市民らのまちづくりへの意見をまとめたガイドラインが完成した。景観や居心地の良さなどへの配慮を促すもので今後、開発事業者へ理解を求めていく。

 ガイドラインは、2012年に中央エリアの建築容積率の上限が800%に引き上げられ、規制緩和されたことで高層建築物が乱立し、商業地としての価値や景観が損なわれる可能性を危惧して協議が始まった。14年に一般市民を含む14人のメンバーで組織された「横須賀中央エリアまちづくり検討会議」によって3年以上、27回の会議で海老名駅前や戸越銀座といった他都市再開発事例の比較、意見集約などを重ねてきた。項目として建物へ植栽を積極的に取り入れることや歩行者に圧迫感を与えない壁面のデザインにすること、建物低層部への商業・飲食といった非住宅用途スペースを誘致することなどが挙げられている。

実効性が焦点

 一方でこのガイドラインは法的拘束力を持たず、どこまで実効性を持たせられるかがポイントになる。現在市内で、地表面から高さが10m、延べ面積1000平方メートル以上などの条件を越える建設計画に対して、市と開発事業者の間で市景観計画に沿うよう調整が必要となる。検討会議事務局の市街地整備景観課によるとガイドラインは今後、両者で行う調整の中で、地元からの要望として事業者へ提示。計画に少しでも多くの要望を取り入れられるよう、市から丁寧に説明を行っていくという。また、ガイドライン作成中も同検討会メンバーらが警察署とパシオス跡地にそれぞれ建設中のマンション2棟へ交渉し、歩行者への圧迫感を減らすための壁面位置後退や緑地の増加を約束してきた。

進む再開発計画

 地元経済活性化や賑わい創出を目的に「まちなか居住」を進めている同エリアでは15年、大滝町2丁目に商業テナントと住居一体の複合型高層タワー「ザ・タワー横須賀」が完成。現時点での再開発に向けた組織を立ち上げている地区は大滝町1丁目や三笠ビル、横須賀中央駅前など6カ所ある。その中で「ザ・プライム」を含む若松町1丁目地区は昨年9月に「協議会」から「準備組合」へと名称を改め、協議を1段階前進させている。

 同検討会議座長の上田滋さんは「ガイドライン完成は新たなまちづくりのスタート。関わる全ての人の応援団として、今後も検討会議を機能させていきたい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク