横須賀版 掲載号:2018年6月15日号 エリアトップへ

弓道の高校総体県予選会の個人戦で優勝した 新田 果音さん 桜が丘在住 17歳

掲載号:2018年6月15日号

  • LINE
  • hatena

努力で”引き寄せた”栄冠

 ○…高校生最後の個人戦で県大会初優勝をかざった。「必死に練習した成果がやっとでたかな」と笑顔をみせる。大会当日熱中症になりながらも「逆に無心でできたのかもしれない」と冗談も。8月のインターハイでさらなる飛躍を目指す。

 ○…中学までは水泳とソフトボールに励んでいたが、三浦学苑への入学を機に「新たなことに挑戦したい」と弓道の道へ。ほとんどの新入部員が未経験で、スタートラインが一緒というのも魅力的だった。練習すればするほどに自分でも上達していくのがわかり、楽しくて仕方なかった。「心のありようで結果が大きく変わる。だからこそ、迷いがなくなるまで鍛錬あるのみ」。授業前の朝練はもちろん、部活後にも残り、多い時で計100本の弓を引く。「一つのことに没頭してしまう自分に向いているのかも」と自己分析する。

 ○…練習環境は決して良いとは言えない。道場がないため、体育館横の空きスペースに畳と的を設置した”創作”の弓道場で稽古する。屋根もなく雨が降れば実践練習は中止。部員も40人ほどいるため、全体の部活では一回引くと、次に自分の番が来るのは10分後。「人が少ない朝と居残りがメインかもしれない」と笑う。それでも「結果が出たのは人一倍努力したから。後輩に向けていい見本になったと思う」と顧問も目を見張る。

 ○…「下級生に教えるのも役割の一つ。学びや気付きもある」と面倒見の良さもうかがえる。そんな一面もあってか、将来の夢は保育士。高校卒業後は、その道の専門学校に通うつもりだ。「技術はもちろん、礼儀や人に教えることの大切さなども学んだ」と弓道に感謝する。個人戦が終わると残るは団体戦。3年間の集大成。努力で勝利を”引き寄せる”。
 

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook