横須賀版 掲載号:2018年6月15日号
  • LINE
  • hatena

西浦賀為朝神社 威勢よく虎成敗 江戸時代からの郷土芸能

文化

暴れる虎をいさめる見せ場のシーン。主人公の和藤内を地元小学生が演じた
暴れる虎をいさめる見せ場のシーン。主人公の和藤内を地元小学生が演じた

 江戸時代から伝わる県指定重要無形民俗文化財で国選択無形民俗文化財の「虎踊り」が今月9日、西浦賀の為朝神社で奉納披露された。

 1720年に奉行所が伊豆下田から浦賀に移った時に伝えられたとされる郷土芸能。近松門左衛門の歌舞伎芝居「国姓爺合戦」の一場面を取り入れた内容で、地元保存会が継承している。

 男児が演じる和藤内の登場から始まり、太唐人が引き連れた女児による唐子が歌いながら踊る。口伝による歌詞の意味は不明だが、海外舞踊の要素も組み込まれており、海上交易が盛んだった港町の歴史を物語っている。

 舞台の後段で暴れる親子の2体の虎を和藤内が神符で成敗して見えを切るシーンが最大の見せ場。子虎には2人の少年が入る習わしだが、今回はそのひとりを女児が務めた。

 郷土史家の山本詔一氏は「虎踊りは下田が起源だが、浦賀で独自発展を遂げながら郷土芸能として根付いた。地域の誇りとしたい」と話した。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

「平成町」名称はこう決まった。

失敗の「語り部」になる

W杯前に機運を盛り上げ

新天地で飛躍誓う

田浦町出身大高さん

新天地で飛躍誓う

1月18日号

身清める寒中水行

佐原慈眼院

身清める寒中水行

1月18日号

認知症予防に鍼灸

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク