横須賀版 掲載号:2018年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

西浦賀為朝神社 威勢よく虎成敗 江戸時代からの郷土芸能

文化

暴れる虎をいさめる見せ場のシーン。主人公の和藤内を地元小学生が演じた
暴れる虎をいさめる見せ場のシーン。主人公の和藤内を地元小学生が演じた

 江戸時代から伝わる県指定重要無形民俗文化財で国選択無形民俗文化財の「虎踊り」が今月9日、西浦賀の為朝神社で奉納披露された。

 1720年に奉行所が伊豆下田から浦賀に移った時に伝えられたとされる郷土芸能。近松門左衛門の歌舞伎芝居「国姓爺合戦」の一場面を取り入れた内容で、地元保存会が継承している。

 男児が演じる和藤内の登場から始まり、太唐人が引き連れた女児による唐子が歌いながら踊る。口伝による歌詞の意味は不明だが、海外舞踊の要素も組み込まれており、海上交易が盛んだった港町の歴史を物語っている。

 舞台の後段で暴れる親子の2体の虎を和藤内が神符で成敗して見えを切るシーンが最大の見せ場。子虎には2人の少年が入る習わしだが、今回はそのひとりを女児が務めた。

 郷土史家の山本詔一氏は「虎踊りは下田が起源だが、浦賀で独自発展を遂げながら郷土芸能として根付いた。地域の誇りとしたい」と話した。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

夏夜に怪談ヒヤリ

プロ棋士語る「夢への挑戦」

「今だから響く音楽」届ける

受け継ぐ伝統の「虎芸」

野比中村民俗芸能

受け継ぐ伝統の「虎芸」

8月10日号

歴史と技術、活用の未来

社会と向き合う2作品

16ミリ試写室

社会と向き合う2作品

8月10日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最強決める闘い

最強決める闘い

花の国で昆虫バトル

8月18日~8月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク