横須賀版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

今月24日に舞台に立つ市民劇団「浜の隠居の会」で脚本を手掛けた 木村 紀夫さん 日の出町在住 77歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

尽きない「書きたい欲求」

 ○…「人前に立つピリッとした感覚がたまらない。出番は少しだけど」。旧知の友人と75歳で立ち上げた劇団の2年ぶり2回目の公演を間近に控える。前作に続いて脚本を担当。幕末の浦賀を舞台に、元岡っ引きが事件解決に駆け回るドタバタ喜劇の続編を新たに書き下ろした。すれ違いや勘違いを見事な笑いに昇華させる緻密なストーリーが見もの。「肩肘張らずに誰もが笑って楽しめる」と自信の表情を浮かべた。

 ○…浦賀に材を取る理由は、歴史の表舞台に登場する豊富なエピソードがあるからだけではない。5歳で他界した父に手を引かれ、浦賀駅に降り立った幼少期の記憶が今も脳裏に焼き付いている。「(浦賀駅にやって来ると)不思議と手が温かくなる」。自分にとっての特別な場所を舞台にするのは、深層心理にある父への哀悼表現かもしれない。

 ○…横須賀市役所を定年まで勤めあげた。新しい人生は本の執筆と趣味の落語に捧げると決め、生活の中心に置いてきた。江戸落語の創始者である初代・三笑亭可楽を徹底的に調べ上げ、芸への執念と波乱に満ちた生涯に迫る長編小説を平河半蔵のペンネームで大手出版社から上梓したのが14年前。今も新作を書き続けているなど執筆の手を止めない。先ごろ完成させたのは、江戸を舞台にホラー的要素を取り入れた時代小説。発表の機会を得たいと、出版社のコンテストなどに投稿している。

 ○…作家として、創作のアイデアを絶えず求めている。目に留まったのが、江戸文化の研究科である三田村鳶魚(えんぎょ)の文献。この中の記述で江戸時代の銭湯は男女混浴が当たり前だったことを知った。そこから夢想する人情物語─。「書きたい欲求」は尽きることがない。スルスルとペンが走り出す。

横須賀版の人物風土記最新6

石塚 千津子さん

ボランティア団体「ゆいの広場」代表で認知症カフェ「 ら・らら」を運営する

石塚 千津子さん

グリーンハイツ在住 72歳

9月17日号

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

林在住

9月10日号

岡田 成煥(せいかん)さん

株式会社富士防の代表取締役で「富士防職業訓練校」を開校した

岡田 成煥(せいかん)さん

森崎在住 55歳

9月3日号

荒井 峻(たかし)さん

大津中学校陸上部顧問で全国中学校陸上競技選手権大会に選手を導いた

荒井 峻(たかし)さん

長沢在住 36歳

8月27日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

衣笠栄町在勤

8月20日号

中澤 秀佳さん

全国高等学校将棋選手権大会の女子個人戦で準優勝した

中澤 秀佳さん

池上在住 清泉女学院高校1年

8月13日号

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook