横須賀版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

母校との絆 今でも 狩野昭夫さん(横須賀高卒 63歳)

スポーツ

高3の県大会開幕式で(行進の先頭)
高3の県大会開幕式で(行進の先頭)
 今年、創立110年周年の県立横須賀高校。野球部も4年後には創部100年を迎える。

 1970年、77校が参加した県予選の初戦で当たったのが、この年、甲子園を初制覇した東海大相模。13点の大量失点ながらも9回まで持ち込み、後に胴上げ投手となる上原広一選手からも右前打を放った。「これが高校時代唯一の自慢かな」―。その年の冬、自分以外の同学年の部員がいなくなり、人をかき集めて大会に。2年の春、水泳部やバスケ部のエースが転部し、体制も整った。市内の地区大会では勝ち上がっていたが、高3の夏は、日大高校にノーヒットノーランで敗戦。自身は最後の打者。一矢報いることができなかった。

 「高校で野球を辞めるつもりだったが、この試合が悔しくて。後輩たちにもっと上のレベルを教えたい」―と進学した明治大学では硬式野球部に入部。練習の傍ら母校に出向き、コーチ役を買って出た。

  *  *  *

 就職先は日刊スポーツ新聞社。しばらく間はあったが、次男が同校に進学すると、再び母校へ足を向けるようになった。「押しかけの指導」と言いながらも10数年。今もグラウンドへ足を運ぶ。「プロのキャンプ取材で学んだことも後輩に還元したい」と母校への想いは人一倍だ。

 一昨年からOB会として「マスターズ甲子園」に挑んでいる。県内で30チームが参戦。神奈川はOBチームも手強く、なかなか壁を崩せないが、往年の大投手と対戦できる楽しみもある。「若いメンバーが増えているから、今後が期待できる。甲子園は野球人にとって聖地。あの土を踏むのは現役とOB、どちらが先になるか」―とほほ笑んだ。

OBチームでも活躍中
OBチームでも活躍中

よこすかシーサイドマラソン

7月14日(土)午前0時、エントリー開始。

http://www.yokosuka-seaside.jp/

日本共産党演説会

小池晃 参議院議員来たる

http://www.jcp-kanagawa.jp/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

圧巻の人工巨大津波

圧巻の人工巨大津波

国総研と港空研が一般公開

7月21日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク