横須賀版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

750人が茅の輪くぐり 大津諏訪神社で夏越の大祓

文化

 大津諏訪神社で先月30日、半年分のけがれを落とす民俗行事「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が催され、地元住民ら約750人が参拝した。

 日頃、無意識のうちに身に着けた災厄を祓い、残り半年の健康と厄除けを祈るもの。岩城純隆宮司によるお祓いが行われ、参拝者は「人形(ひとがた)」と呼ばれる紙に息を吹きかけ、けがれや病を移し身体を清めた。その後、カヤで作られた直径2・5mほどの「茅の輪」をくぐり無病息災を祈願した=写真。午後4時と6時の2回行われ、参拝者には茅の輪のお守りが配られた。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

軍港都市横須賀の歴史

軍港都市横須賀の歴史

セミナーと音楽隊演奏

12月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク