横須賀版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

まぶたのたるみ、目の下のクマ、膨らみなど 目もとの老化のお悩みに

佐々木直美院長
佐々木直美院長

 まぶたのたるみやクマのせいで、実年齢よりも老けて見られる、とお悩みではないだろうか?これらは目もとの老化のサインという。悩みに応じた治療法を「聖心美容クリニック・横浜院」の佐々木直美院長に聞いた。

 最近、目が開けにくくなってきたと感じたら「眼瞼(がんけん)下垂」の可能性があるという。加齢や、ハードコンタクトレンズの使用、長時間のパソコン使用などで、まぶたを持ち上げる筋力が低下するのが原因で、症状が軽〜中程度であれば、改善がはかれる「眼瞼下垂(埋没法)」が適しているという。

「皮膚の状態や仕上がりまでイメージするので、美しい目もとが蘇ります」と佐々木院長は話す。

 まぶたのたるみが重度の場合は「眉下リフト」を提案することも。加齢で二重ラインが狭くなってきた、上まぶたが厚く腫れぼったい方にも適しているという。眉毛下ラインに沿って皮膚を切開するので、傷跡が目立ちにくいのが特長だ。一人ひとりの目の形や症状に合わせて施術する。目元の印象を変えることなく、自然な仕上がりになるという。

 目の下のクマや膨らみが目立ってきた場合は「目の下の脂肪取り」が適しているそう。加齢により起こるこれらの症状は、眼球の下にある眼窩(がんか)脂肪が押し出されてできたものだ。この脂肪を、まぶたの裏側から取り出すことで、クマや膨らみが改善できるのだという。「皮膚を切らない施術のため、傷跡の心配もなく、術後の腫れもほぼないので、翌日からメイクも可能です」と佐々木院長。

-・-・-・-・-・-

 「当院では医師が最適な治療法をご提案します。お気軽にご相談ください」
 

聖心美容クリニック

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-488-505

http://www.biyougeka.com

横須賀版のピックアップ(PR)最新6件

日常生活でなることも

疲労骨折

日常生活でなることも

7月20日号

出張回収

不 用 品粗大ごみ

出張回収

7月20日号

国産うなぎ「釜まぶし」で

葉山 鳥ぎん

国産うなぎ「釜まぶし」で

7月20日号

「不動産買取ります」

ウスイホーム武山店

「不動産買取ります」

7月20日号

理想の「教師」に会える

啓進塾

理想の「教師」に会える

7月13日号

有料老人ホーム等の「無料相談会」

よこすかシーサイドマラソン

7月14日(土)午前0時、エントリー開始。

http://www.yokosuka-seaside.jp/

日本共産党演説会

小池晃 参議院議員来たる

http://www.jcp-kanagawa.jp/

<PR>

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク