横須賀版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

スタンドアップパドル(SUP)競技で世界をめざす 小貝 実佑さん 北下浦中2年生

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

パドルの先に世界がある

 ○…人気沸騰中のウォータースポーツ「スタンドアップパドル(SUP)」のレースで表彰台の常連。中学生アスリートとして世界戦出場も視野に入れた活動を展開している。大きめのサーフボードの上に立ち、パドルを漕いで海面をぐんぐんと進む。練習拠点としている三浦海岸をスタートして、野比海岸の先にある横須賀火力発電所付近までは往復12〜13Kmの距離。これを90分で戻ってくるスピードと体力は、女子選手の中で図抜けた存在だ。

 ○…父親に誘われ4歳でウインドサーフィンに初挑戦。週末の海通いが日課となり、風待ちの合間に遊んでいたSUPの楽しさに目覚めた。「風向きで進行方向が制限されるウインドと違って、360度好きな場所に進める」。海の上の自由を手に入れた気分になった。手製の子ども用パドルを手にして練習に励み、小学3年生になると大人に混じってレースに出場するようになった。

 ○…今夏、ポルトガルで開かれる世界選手権の出場枠をかけた選考レースでは、惜しくも2位の結果だった。「準備と練習を重ねて万全の体制で挑んだ。持てる力を全て出し切ったが一歩届かなかった。今の実力。だから悔しさはない」と晴れやかな表情。気持ちは次に向かっている。

 ○…「体幹の強さが実祐の持ち味。スピードではもう敵わない」と話すのは、一番の信頼を寄せる父親の直樹さん。練習メニューの作成から全国各地で開かれるレース会場への引率など父と娘の二人三脚で歩んでいる。とある大会では、トップレベルの海外選手の背中を追って走った。敗れはしたが、「世界と自分の距離はそう離れていない」との感触を得た。2024年のパリ五輪でSUPが競技として採用される可能性が浮上。大きな目標が見えてきた。
 

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook