横須賀版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

長沢にあるコミュニティスペースで相談拠点「まちの保健室」を開いている 小松 亜矢子さん 津久井在住 34歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

心を支える「保健室」に

 ○…家族や自分の体調、生活の困りごとなど「会話を交わして、楽しかった、少し心のつかえが取れたと感じてもらえれば」。今月から長沢駅前で「まちの保健室」を定期開設。地域で活動する「コミュニティナース」として、相談の場の充実に向けて歩み出している。

 ○…出身は福岡県。高校時代、医療の世界に関心を持ったことをきっかけに、看護師の道を選んだ。地元で就職するも、「資格を取ることが目標になっていて、燃え尽きた状態だった」。組織に居ることも息苦しくなり、気付けば、うつの症状に陥ってしまっていた。そんな状況から抜け出そうと、職場を変えたり、ワーキングホリデーで海外に赴いたりしたことも。心の波の変化と折り合いをつけながら、行きつ戻りつの状態の中、家族もうつ病を発症。「支える」ことの難しさと苦しさに直面した。両方の当事者となったことで、身内以外にも気軽に相談できる場の必要性を感じた。

 ○…「まちの保健室」の原点は、寄り添いと見守り。そのワンクッションが”心の支え”になることを期待する。開設を呼び掛けてすぐ、地域の関係者などから協力や支援の声が上がった。目標は組織化し、常設拠点から市内各地域へ展開すること。「必要とされているという実感がある。看護師としてのスキルや経験を地域に還元したい」

 ○…「うつ病経験者でかつ看護師」―これまでの過程を取材されることも多く、自らもweb媒体などで発信している。自分が感じた「生きづらさ」は何か。言葉に編むことで、心模様を客観的に振り返ることもできた。「書く」作業を機に、ライターとして医療関係の記事を執筆することも増えている。「分かりやすく伝える”橋渡し役”になれれば」。それが自分なりの「支え方」だ。

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook