横須賀版 掲載号:2018年8月10日号
  • LINE
  • はてぶ

野比中村民俗芸能 受け継ぐ伝統の「虎芸」 白髭神社で披露、中学生が後継者

文化

和藤内が暴れる虎を成敗してみえを切る見せ場のシーン
和藤内が暴れる虎を成敗してみえを切る見せ場のシーン
 野比の中村町内に伝わる「虎踊り」が今月4日、白髭神社で披露され、夏の一夜を盛り上げた。2年に一度、同神社下の広場に舞台が組まれ、着ぐるみの虎芸を地元保存会のメンバーらが演じている。

 「野比の虎踊り」は、近松門左衛門の「国姓爺合戦(こくせんやがっせん)」に材を取り、歌舞伎や唐人踊り(カンカン踊り)を採り入れた民俗芸能。1720年に奉行所が伊豆下田から浦賀に移った時に伝えられた「浦賀の虎踊り」との関連性が推察されているが、経緯などを含めて確かな記録は残っていない。保存会によれば「1856年に中村で初めて演じられた」との古老の言い伝えがあるという。

 舞台では暴れる虎を成敗する「和藤内」と「太唐人」が引き連れた「唐子」の手踊りで展開。全体の構成は類似しているが、ストーリー性の高い浦賀に対して、野比では「玉あそび」「しらみ取り」「一本杉」などの芸の披露に力点が置かれている。登場する虎の数も浦賀の2匹に対して、野比では1匹のみとなっている。

 今回は虎の演じ手として地元の中学生6人が参加、伝統の担い手として2カ月間、練習を重ね舞台を踏んだ。

横須賀版のローカルニュース最新6件

円熟の響きで会場魅了

馬堀中卒業生の弦楽楽団

円熟の響きで会場魅了

10月19日号

アートなボルダリング

くりはま花の国

アートなボルダリング

10月19日号

「独自の文化花開いた」

市立2病院体制「議論深めて」

旅で学んだ「食と人」

「健康な歯」を表彰

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク