横須賀版 掲載号:2018年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

岩戸小田邉さん 「そろばん使節団」で米国へ 普及めざし国際交流

教育

「そろばんを通して米国人の友達を作りたい」と意気込む
「そろばんを通して米国人の友達を作りたい」と意気込む
 そろばんを世界に広めようと結成された「日本小・中・高校生そろばん訪米使節団」に、岩戸小6年の田邉美映さんが選ばれた。今月13日から1週間ほど滞在。現地の学校を訪れ、そろばん指導や競技大会などを通して国際交流を図る。

 全国珠算教育連盟が、そろばんの国際化や米国との交流を目的に、毎年夏に行っているもの。全国から、珠算検定3級以上の資格を有した小学6年生から高校3年生が応募可能。今年は34人が参加する。

 同使節団は、首相官邸を表敬訪問後、米国に向け出発予定。約1週間、サンディエゴやロサンゼルスに滞在し、現地の小学生にそろばんを教えたり、実力を披露したりする。また、日米の参加者で競技大会も行い交流を図る。

 田邉さんは「そろばんを通じて米国の友達を作りたい。全国から集まったそろばん競技者と交流できるのも刺激になる」と笑顔で話した。

市内一の実力

 田邉さんは、岩戸にあるそろばん教室「梅田あんざん教室」で腕を磨いている。小学1年からそろばんをはじめ、めきめきと上達。横須賀市の珠算大会では、小4、5年と2年連続で優勝するほどの腕前の持ち主。現在は、暗算7段、珠算3段を有し、読み上げ暗算では13ケタの計算までこなすという。同教室の指導者、梅田久子さんは「生徒の中で実力は群を抜いている。真面目でひたむきにはじく姿が印象的」と太鼓判を押す。田邉さんは3連覇のかかる今年9月の大会に向けて鍛錬している。

横須賀版のトップニュース最新6件

終戦直後 悲劇の記録

浦賀港引揚船写真展

終戦直後 悲劇の記録

8月17日号

全国の大舞台 駆け抜けろ

大津中陸上部

全国の大舞台 駆け抜けろ

8月17日号

「綿つみの詩」が聞こえる

横須賀市民ミュージカル

「綿つみの詩」が聞こえる

8月10日号

人気漫画と異色のコラボ

京急電鉄

人気漫画と異色のコラボ

8月3日号

調査平均下回る

小中学校学習状況調査

調査平均下回る

8月3日号

「経済効果」独自に分析

横須賀市

「経済効果」独自に分析

7月27日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自分だけのTシャツづくり

自分だけのTシャツづくり

横須賀美術館で夏休み企画

8月19日~8月19日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク