横須賀版 掲載号:2018年8月10日号
  • LINE
  • hatena

ソプラノ歌手で、10日に開催する「みんなで楽しむコンサート」を企画した 松永 知史(ちふみ)さん 武出身

歌で人生「幸せ」に

 ○…「ホールでワクワクする雰囲気を共有してほしい」。文化会館で開催するコンサートに”みんなで楽しむ”と名付けたのは、そんな想いがあった。自分が歌を届けたい人は誰か。原点を振り返りながら舞台に立つ。

 ○…ソプラノ歌手としての活動基盤はドイツ。一時帰国し、縁あって武山養護学校で勤務していた際、「声や音を発して迷惑をかけないか心配で、コンサートホールには行けない」。保護者からの気遣いを耳にしてハッとした。施設や学校を訪問し、歌うことも多かったが、自己満足ではないかと自問することも。「垣根なく来てもらえる場を作ることも私の役割」。3年前に初めて”みんなで”を掲げたステージを企画。今回は会場をスケールアップし、「音・歌・声でどこまで心に届けられるか、音楽家としての挑戦」と、自らを奮い立たせる。

 ○…「自分の歌を家族がとても喜んでくれて」。小学生で既に「声楽家になる」と公言。自宅介護の祖母に童謡を歌うと、自然と目から涙が溢れていた。心を動かす力を間近に感じた体験だ。学生時代から、表現への熱量はまっすぐ。「この先生に習いたい」と思えばそのもとへ。沖縄からドイツへ渡り、リュック1つで門を叩いた。異国での生活は歌い手として、人として成長する大きなステップとなった。「格好をつけても見透かされてしまう。人間力が問われているのだと実感している」。柔らかな口調の中で、実直な性格が滲む。

 ○…国内での公演に武山地域の支援者が駆け付け、熱心に応援する姿は、舞台関係者から「動くパワースポット」と言われるほど。ドイツでは、国立合唱団の子どもたちの指導も。「いつかは日本で手掛けてみたい」。郷里への想い、幾多の経験を歌で還元することが、地元への最大の恩返しだ。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

松崎 佑亮さん

障害者スポーツ「アンプティサッカー」の普及に取り組む

松崎 佑亮さん

3月22日号

長堀 薫さん

横須賀共済病院の病院長でAIを活用した「働き方改革」に取り組む

長堀 薫さん

3月15日号

薬王寺 太一さん

田浦泉町の「アーティスト村」に移住し、土器作家として活動する

薬王寺 太一さん

3月8日号

清田 直紀さん

小・中の教師を中心とする「教育サークル三笠」を主宰する

清田 直紀さん

3月1日号

杉本 與七(よしち)さん

昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった

杉本 與七(よしち)さん

2月22日号

寺坂 浩一さん

声優・朗読家として市内で「大人のための朗読会」を開催する

寺坂 浩一さん

2月15日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク