横須賀版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

横須賀カルタ 明光高生が普及を応援

文化

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
揃いのTシャツで活動
揃いのTシャツで活動

 地元の歴史や文化、観光名所などを七五調で詠った「横須賀カルタ」を使った初めての大会が今月8日(祝)、衣笠コミュニティーセンターで開かれる。大会を盛り上げようと、横須賀明光高校の競技かるた部が運営を担当。部の存在を知った「横須賀カルタ製作実行委員会」が同校に依頼した。

三浦半島で唯一

 読み上げられた小倉百人一首を素早くとり合う「競技かるた」。部活があるのは、三浦半島では唯一。立ち上げたのは、同校の櫻木萌季教諭=写真下。大学の受験勉強中、百人一首に触れたことがきっかけで、競技かるたに興味を持った。「教員になったら、自分にしかできない部活の顧問をやりたい」との思いから、自身も一から勉強し同部を発足。偶然、柔道場が空いていたことも背中を押した。しかし、創部1年目は部員がわずか1人。それでも諦めずに活動を続け、今年で5年目を迎えた。現在は5人が活動。櫻木教諭自身も大会に参加し腕を磨く。

「かるた部増やしたい」

 当日は参加者に部員がルールを指導する。「いつもとはちがう札で部員以外の人とできるのは楽しみ」と同部の佐々木明音さん(1年)。櫻木教諭は「参加することで活動を知ってもらえる。ふるさとカルタがあるまちとして、市内に競技かるた部が増えたらいい」と期待を込めた。大会は同コミセン和室で午前11時と午後2時の2回開催。

横須賀版のローカルニュース最新6

認知症支援の今を知る

認知症支援の今を知る 社会

27日にオンライン講演

2月19日号

学びの集大成を披露

学びの集大成を披露 教育

調理製菓専門学校生が作品展

2月19日号

挑戦者求む「eスポーツ県大会」

挑戦者求む「eスポーツ県大会」 スポーツ

中高生対象で26日締め切り

2月19日号

住みよい環境づくり模索

住みよい環境づくり模索 社会

浄楽寺で体験型勉強会

2月19日号

コロナ対応で民意とズレ

タウンレポート

コロナ対応で民意とズレ 社会

「学童の校庭利用」議論巡り

2月19日号

産学連携で「健康経営」推進

産学連携で「健康経営」推進 経済

歯と口腔ケアをテーマに

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク