横須賀版 掲載号:2018年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

横須賀カルタ 明光高生が普及を応援

文化

揃いのTシャツで活動
揃いのTシャツで活動
 地元の歴史や文化、観光名所などを七五調で詠った「横須賀カルタ」を使った初めての大会が今月8日(祝)、衣笠コミュニティーセンターで開かれる。大会を盛り上げようと、横須賀明光高校の競技かるた部が運営を担当。部の存在を知った「横須賀カルタ製作実行委員会」が同校に依頼した。

三浦半島で唯一

 読み上げられた小倉百人一首を素早くとり合う「競技かるた」。部活があるのは、三浦半島では唯一。立ち上げたのは、同校の櫻木萌季教諭=写真下。大学の受験勉強中、百人一首に触れたことがきっかけで、競技かるたに興味を持った。「教員になったら、自分にしかできない部活の顧問をやりたい」との思いから、自身も一から勉強し同部を発足。偶然、柔道場が空いていたことも背中を押した。しかし、創部1年目は部員がわずか1人。それでも諦めずに活動を続け、今年で5年目を迎えた。現在は5人が活動。櫻木教諭自身も大会に参加し腕を磨く。

「かるた部増やしたい」

 当日は参加者に部員がルールを指導する。「いつもとはちがう札で部員以外の人とできるのは楽しみ」と同部の佐々木明音さん(1年)。櫻木教諭は「参加することで活動を知ってもらえる。ふるさとカルタがあるまちとして、市内に競技かるた部が増えたらいい」と期待を込めた。大会は同コミセン和室で午前11時と午後2時の2回開催。

横須賀版のローカルニュース最新6件

”紙(かみ)もの”愛、多彩に表現

トンネルには物語がある

海から眺める歴史遺産

近代化支えた市井の女性

無料上映会

近代化支えた市井の女性

10月12日号

大砲の下で平和の音色

全力プレーで圧倒

還暦野球「横須賀シニア」

全力プレーで圧倒

10月12日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク