横須賀版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • hatena

馬堀中卒業生の弦楽楽団 円熟の響きで会場魅了 平均75歳、28日にコンサート

文化

「音楽に熱中するシニアの姿を見て」とメンバー
「音楽に熱中するシニアの姿を見て」とメンバー
 メンバーは74〜76歳。いずれも、弦楽器を初めて手にしたのは馬堀中でのこと。同校卒業生有志による弦楽楽団が10月28日(日)、市内で5回目のコンサートを催す。

***

 1955年(昭和30年)、同校で小上馬朋治教諭(故人)が立ち上げた「バイオリンクラブ」。当時、弦楽の部活は珍しく「触るのも弾くのも初めて。ワクワクした」と長澤幸子さん。バイオリンは個人持ちで、大卒初任給が8700円という時代に1台3600円。先生が市内の楽器店に掛け合って1年間の月賦で購入したという。ドイツから取り寄せた楽譜はガリ版刷りに。ゼロから始まった部活も熱血指導のもと、めきめき上達。コンクールでは県大会で準優勝を果たした。

 卒業後も「部活の仲間で続けたい」と有志でNSO(ニュー・ストリング・オーケストラ)を結成。20代前後で就職なども重なり、活動も途絶えた。それから40年近く。気付けば定年を迎える年齢に。地元で顔を合わせて話題になるのは、当時の思い出話ばかり。「また集まって弾きたい」と2001年、中学時代に指導を受けた中塚良昭氏を招いて練習をスタートさせた。

 「不思議と曲も指使いもよみがえってくるもの」と代表の石渡邦篤さん。個人レッスンを続けていた人、タンゴの世界で活躍している人などさまざま。コントラバスの馬渕征男さんは「50年も楽器に触っていなかったけれど」と笑う。

 現在は月1回、大津のみんなの家で練習を行う。発表の場として、10年から1年おきに演奏会を催している。必ずプログラムに入れるのが、コンクールでも演奏した「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。中学時代、グラウンドなどで練習を耳にしていた同級生も「馬中のアイネクライネ」を聴きに、会場へ足を運んでくれる。「もっと弾きたい、いい音を出したいという意欲が沸いてくる」と石渡さん。ステージに上がるのは14人。「味のある響きを楽しんでほしい」と笑みを見せた。

■NSO弦楽合奏コンサート/10月28日(日)ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(汐入駅前)、午後2時開演、入場自由。問い合わせは石渡さん【電話】046・836・3905

横須賀版のローカルニュース最新6件

「平成町」名称はこう決まった。

失敗の「語り部」になる

W杯前に機運を盛り上げ

新天地で飛躍誓う

田浦町出身大高さん

新天地で飛躍誓う

1月18日号

身清める寒中水行

佐原慈眼院

身清める寒中水行

1月18日号

認知症予防に鍼灸

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク