横須賀版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

社会福祉法人みなと舎常務理事で「よこすか障害福祉CAFE」の運営に携わる 森下 浩明さん 武在住 53歳

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

社会を変える「人の力」

 ○…福祉人材の不足は事業者が抱える共通の悩み。「業界の姿、働く人たちの生き様を伝えたい」と4年前から、春と秋に求職を兼ねた「障害福祉CAFE」を催している。

 ○…進路に悩んだ学生時代、幼馴染に「優しいから人と関わる仕事が向いている」と勧められた。障害者施設に就職し「理不尽や本人の辛さ、家族の大変さなど、やればやるほど『怒り』が湧いてきた」。仕事を続けるエネルギーにもなったが、管理者として現場運営に携わるようになり、ふと利用者と社会との関わりを考えた。「彼らの”ために”と思ってきたが”ともに”という視点を持っていただろうか」。専門性を持つと、客観視して物事を考えてしまう。目線を変え、主体性を持つことが「社会的な活動に広がる。自分もその一員なのだから」とかみしめた。

 ○…法人理事長との縁で横須賀へ。そこで自分が求めたのは「仲間」の存在だった。市内施設の連絡会に参加するも「正直、働いている人の顔が見えなかった」。立ち上げた求職イベントで力を入れるのは、顔が見える、心が動く場づくり。「社会参加」をテーマにしたステージや福祉体験など、きっかけの”仕掛け”に知恵を凝らす。この業界は、見方を変えれば市内で16法人約1500人近くが働く一大産業。「仕事の地産地消という視点を持てば、交流人口増など活性化のヒントになる。障害福祉をまちづくりのエンジンに」と期待する。そして「フットワークはネットワークにつながるもの」と言葉を重ねた。

 ○…心にあるのは理事長からの「大切なこと・必要なことを共有しよう」という声掛け。4年前に開設した施設では、医療のサポート体制を整えた。支援の可能性はまだ多様にある。「人生を救っているか」。”ともに”を問いかけながら走り続ける。

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter