横須賀版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

「横須賀トモダチジャズ2018」に出演するジャズドラマー 力武 誠さん ハイランド出身 45歳

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

音楽に包まれていたい

 ○…横須賀ジャズ再興を掲げる一大音楽フェス「トモダチジャズ」に出演する。昨年はホール、今年は客の息づかいまで聞こえてくるようなドブ板通りのカフェが舞台。戦後のジャズ史に輝かしい記憶を残したこの地から新しいムーブメントを生み出そうとしている主催者の心意気に賛同を示す地元出身ミュージシャンのひとり。同フェスのスローガンである「街にジャズが溢れ出す-」の体現者だ。

 ○…幼少期に触れた祭り太鼓が打楽器の原体験。響きと音圧に一遍で魅了された。高校入学を機にドラムスクールに通い始め、友人らとバンドを組んで当時人気のJ-ROCKのコピーに明け暮れた。忠実に再現することのみを追求していたが、ある日のステージで「自分ならこう叩きたい」と思う瞬間があった。実際にチャレンジするととてつもない快感だった。「自由で柔軟。それがジャズの精神だと後で知った」。心動かされるのに時間はかからなかった。

 ○…高校卒業後に入学した音楽の専門学校で日本のトップジャズドラマーの日野元彦氏と出会い、以来5年間付き人を務めた。25歳。病に冒された師匠の最期のコンサートで代役として数曲を演奏した。「一番近くにいたという使命感を背負ってステージに立ったのは忘れられない思い出」

 ○…10代の頃からプロ志向。「一生ドラムを叩いていたい」と思っていた。四半世紀を超えて理想の姿に近づけているかを問うと、「どちらとも言えない」と笑顔でかわされたが、「上手くなりたいという欲求は尽きない」と返した。「足踏みを繰り返した先に突き抜ける瞬間がある。だから止められない」。最近は演奏活動のほかに作曲も本格的に手掛けるようになった。「いつまでも音楽に包まれて生きていたい」

横須賀版の人物風土記最新6

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

早川 崇文さん

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める

早川 崇文さん

長沢在住 38歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク