横須賀版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

高校生ファーマー齋藤さん 「手塩にかけた野菜です」 JA直売所に初出荷

経済

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
「畑仕事が何よりも楽しい」と齋藤さん
「畑仕事が何よりも楽しい」と齋藤さん

 県立三浦初声高校都市農業科2年生で武在住の齋藤輝(あきら)さんが今月20日(木)、長井にあるJAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」で自身が手掛けた野菜を初出荷する。同直売所では登録農家が畑で採れた野菜を直接持ち込み、値付けをして販売している。施設管理者によれば高校生の出品は初という。

 齋藤さんは学業の傍ら、約3千平方メートルある実家の畑をほぼひとりで切り盛り。放課後と週末の時間を農作業に費やしている。車の運転免許を持たないため直売所への出荷は父親に協力してもらうが、自転車の荷台に載せて自ら運ぶことも想定している。

 畑いじりは小学生の頃から。祖母と2人でキャベツとかぼちゃを栽培していたが、今年5月に祖母が急逝。直売所での販売を視野に定番野菜以外の作付けに挑戦しはじめた矢先の出来事だった。

 祖母に多品種化を提案したのは輝さんだ。学校の実習で若手農家が取り組む先端の農業経営に触れたことで刺激を受けた。

「これからは市場のニーズを意識した生産が必要」と白菜、かぶ、にんじん、大根、レタスに取り組み、待ちに待った収穫時期を迎えた。

 すでに跡継ぎとしての自覚を持っている。「栽培技術の習得に貪欲で向上心も旺盛」と担当教諭。食品加工(6次産業)にも興味を示し、おぼろげながら将来の夢を描いている。商品PRのためのイラストやPOPづくりも課題という。

 直売所での収入の使い道は? 質問の答えはこうだ。「最新の野菜洗浄機を購入したいです」 

横須賀版のローカルニュース最新6

シニア世代 輝きの発露

横須賀シニア劇団よっしゃ‼

シニア世代 輝きの発露 文化

「黒船」テーマの舞台 2・3月に旗揚げ公演

2月21日号

「想像力膨らませて」

三浦学苑美術部

「想像力膨らませて」 教育

長岡こども園に絵をプレゼント

2月21日号

来年度から追浜で

ベイ秋季キャンプ

来年度から追浜で 社会

2月21日号

看板から学ぶ日本文化

B級食材、味はA級

B級食材、味はA級 経済

未利用資源の活用探る

2月21日号

求めるのは「ユニークさ」

アイデアプレゼン大会

求めるのは「ユニークさ」 社会

士業集団が企画、実現を支援

2月21日号

本の感想シェアしよう

本の感想シェアしよう 文化

異世代が対話交流「読書会」

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク