横須賀版 掲載号:2019年1月4日号 エリアトップへ

横須賀青年会議所(横須賀JC)の第67代理事長に就いた 大黒 健司さん 小矢部在住 32歳

掲載号:2019年1月4日号

  • LINE
  • hatena

JC流の経済活性に挑戦

 ○…「『明るい豊かな社会の実現』。青年会議所の活動の根幹をなすスローガンだが、理想とする姿やそれに向かっていく手法は時代によって異なるはず。創始の精神を受け継ぎつつ、社会の変化に柔軟な姿勢で向き合っていく」。32歳の新理事長は、一息で一気にまくし立てて言い切った。横須賀市は転出超過が止まらない。「市民を対象にしたアンケート結果で、定住意識は若い世代ほど低い数値となっている。当事者世代として何ができるのか。考え行動する1年としたい」

 ○…入会は10年前。大学卒業後すぐに清掃用品のレンタル会社を営む先代から経営を託され、人脈づくりの一環としてこの団体に飛び込んだ。「横須賀のまちづくり」をキーワードに、異業種の人たちが互いにつながり、刺激しあいながら行動している姿に心を打たれた。「仕事では得られない人との出会いや社会貢献活動を通じた心の満足がやりがい」。JCが価値観やモノの味方に大きな影響を与えている。

 ○…1年間の事業計画の柱に地域経済の活性を掲げる。視察で世界各国を訪れて感じたのは「経済成長と人口増は不可分であるという事実。横須賀の再興は経済を抜きには語れない」。創業支援、事業承継、ビジネスコンテストなどの施策を独自の発想を盛り込んで展開していくという。

 ○…幼少期からの本好きで、近代文学と歴史小説が愛読書。卒論のテーマは「司馬史観がもたらした社会影響」。今は本から得た知識を現実社会で実行しているという。座右の銘は「ニーバの祈り」。変えられるものを変える勇気、変えられないものを受け入れる冷静さ、両者を識別する知恵を与えたまえ─。この言葉を胸に秘め、「変革の能動者」として、JC活動で実践していく。

横須賀版の人物風土記最新6

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

比護 匠さん

コンガ・パーカッション奏者で市内外でライブを行う

比護 匠さん

阿部倉在住 18歳

2月26日号

土川 憲弥(けんみ)さん

浄楽寺副住職で「大地の再生」プロジェクトに取り組む

土川 憲弥(けんみ)さん

芦名在住 35歳

2月19日号

内藤 聡介さん

キューバのありのままの姿を題材にした写真展を開く

内藤 聡介さん

三春町在住 40歳

2月12日号

原 良一さん

津久井浜海岸でSUPマラソンレースを企画した

原 良一さん

長沢在住 58歳

2月5日号

岡山 奈央さん

全日本高校デザイン・イラスト展で内閣総理大臣賞(全国1位)を受賞した

岡山 奈央さん

港が丘在住 18歳

1月29日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク