横須賀版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

パパママ支援団体「よこすかYOU+」代表を務める 一之瀬 幸生さん 三春町在住 43歳

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 「仕事と育児」両立の味方

 ○…「子育てで困っているママを支援し、パパも主体的に関われる場を作りたい」と昨年11月、「よこすかYOU+(ぷらす)」を立ち上げた。座談会やイベントを通して「プラスの発見ができる活動になれば」と笑顔を見せる。

 ○…夫婦共働きで保育園に通う娘は3歳。時短勤務で子育ての慌ただしさに身を置きながら「復職後、地域との接点が急になくなるママが多いのでは」と感じていた。設立のきっかけはファミリーサポートで知り合った地元の人から昨年、横浜での「パパ講座」に誘われたことから。参加後、気付けば講師となり、自らの経験を語っていた。子育てのスタートを機に移り住んだ横須賀でも何かできないか―。パパママ自身の成長のヒントを共有できる場づくりを目標に、仲間が集まった。

 ○…時短という働き方を選んだのは生活と仕事を「持続可能なもの」にするため。大学卒業後に就職した会社で直面したのが長時間労働。これを社会的に”変える”必要性を考えていた時に出会ったのが「ワークライフバランスコンサルタント」という職種の求人だった。認定講座を受け、専門職として転職。「労働の生産性と多様な働き方」などコンサル業務や講演活動の傍ら、女性活躍支援の副業をこなし、市の児童福祉審議会の委員も務める。「人口を増やすには育児と仕事が両立できる街であることも重要」と”現場”にいる専門家の視点ものぞかせる。

 ○…自分の子育ても想定外の連続。「子どもを尊重する気持ちとのせめぎあい」と苦笑する。ある時、パパ支援の先駆者が語った「人生は寄せ鍋」という言葉が印象に残っている。仕事と家庭、子育て、地域活動も「楽しんで」。ワークとライフ。その”バランス”を体現しながら、軽やかに歩み始めたところだ。

横須賀版の人物風土記最新6

三田 希美子さん

学生団体「NELD」(ネルド)で代表を務める

三田 希美子さん

若松町在住 20歳

8月23日号

伊東 勝さん

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている

伊東 勝さん

平作在住 79歳

8月9日号

木村 博超さん

8月4日から沖縄で開催されるインターハイに砲丸投げで出場する

木村 博超さん

三春町在住 18歳

8月2日号

ミニアルバム世界配信

ミニアルバム世界配信

横須賀市応援のアーティスト

7月26日号

Tomさん

高校生トラックメーカーSTAR FISHの世界配信曲でボーカルを担当した

Tomさん

船越町在住 26歳

7月26日号

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク