横須賀版 掲載号:2019年3月8日号
  • LINE
  • hatena

東京駅工事写真 市施設で発見 1911年撮影 原本は国内数点

文化

画質の精度も高く骨組みなど詳細に写っている=横須賀市提供
画質の精度も高く骨組みなど詳細に写っている=横須賀市提供

 これがなぜ倉庫にあったのか、その経緯は不明―。横須賀市は今月5日の会見で、1911(明治44)年に撮影され、東京駅「中央停車場建築」と書かれた写真が、西行政センター地下倉庫で見つかったことを明らかにした。同駅の駅舎鉄骨部分を鮮明に示す貴重なもので、今後は市自然・人文博物館で保管し、活用方法を考えていく。

 市職員が西行政センター地下倉庫の整理中、新聞紙に包まれた写真を発見したのは2年前のこと。縦20・5cm×横53・5cm、ふた回りほど大きい台紙に張られ、「中央停車場建築」/株式会社東京石川嶋造船所製作/明治44年7月19日撮影、宮内(宮内写真場)と記されていた。

 市自然・人文博物館学芸員らが調べたところ、1914年の東京駅開業前、鉄骨工事を終えたころに撮影されたものだと分かった。骨組みだけでなく周囲にいる人の姿も鮮明に写っており、「やぐらを組んで高い場所から広角で撮ったと思われる。大がかりな撮影でかなりの費用をかけていたのでは」と菊池勝広学芸員。画質の精度や印画紙、台紙の状態、専門家の分析から、これを原本と判断した。ほかには国内に数点あるとみられているが、所在は不明。戦前に複製されたものは鉄道博物館(さいたま市)にあり、2007年から12年に行われた東京駅の大規模な復原工事の際は、これを参考にしたという。

活用方法を検討

 地下倉庫からは、このほか軍人の集合写真など2点が見つかった。ここに保管された経緯は分かっておらず、同センター竣工(1986年)以前の西部支所時代から置かれていたと推測されるという。

 今月5日の会見で上地克明市長は「黎明期の往時をしのばせる資料。大変嬉しいこと」と話した。今後は市自然・人文博物館の所蔵物として複製を作成したうえで、一般への公開など活用を検討していく。

横須賀版のトップニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民コーラスに岩崎さん

市民コーラスに岩崎さん

かながわ信金 今月24日に整理券

5月25日~5月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク