横須賀版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

横須賀共済病院の病院長でAIを活用した「働き方改革」に取り組む 長堀 薫さん 米が浜通在勤 65歳

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena

「病院改革」AIで拓く

 ○…「めざせAIホスピタル」―。技術開発企業と協力しAI(人工知能)を活用したカルテ入力を試験的に導入している。記録業務に追われる医師や看護師の労働時間軽減だけでなく「患者さんとのアイコンタクトを含め、本来の医者の仕事に集中できるシステムを作っていくのが私の責務」

 ○…亀戸で生まれ、実家は家具商。教師だった父親には勉強だけでなく経営も教えられた。医師の道を選んだのは「親の想いもあったからかな」。横浜市大医学部を経て初めて赴任したのは、田浦共済病院。「のどかで独特の雰囲気。それでいて精鋭部隊が集まっているという印象」。1年ほどで横須賀共済に移り、横浜や山梨の大学病院を経て再び同院へ戻ったのは、50歳手前だった。

 ○…「家業からのDNAがあったのかも」。外科部長や診療部長を務める中で経営に関わるようになった。だが、そんな立場を辞し「外科医としての可能性を探りたい」と県外の現場で働いた。舞い戻ったのは1年半後。医師不足や救急搬送受け入れ減など厳しい状況下にあった。地域に置かれた状況を分析し、事業戦略を練った。強力なリーダーシップだけでは進まないこともある。「とにかく必死だった」。自らコーチングや人材育成、病院経営を学びに出向き、改革に力を注いだ。「よかった。この病院で」との理念を掲げ、現場の課題解決を思案していた時に出会ったのがAIの可能性。「未開の分野だから、”トライアンドトライ”あるのみ」と語る。

 ○…院長室にはテニスの実業団リーグでのカップが並び、ウインドサーフィンやゴルフなどを楽しむアウトドア派だが、今はAI活用の構想を巡らせる日々だ。「日本の病院の働き方を変える」―。強い決意で歩みを進めている。

横須賀版の人物風土記最新6

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク