横須賀版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

”片足のサッカー”知って 競技者主催の普及イベント

スポーツ

試合では白熱した競り合いを見せる松崎さん(右)
試合では白熱した競り合いを見せる松崎さん(右)

 上肢、下肢に切断障害のある選手がプレーする「アンプティサッカー」の普及イベントが3月24日(日)、佐原の横須賀フットサルクラブで開かれる。浦賀在住でプレイヤーの松崎佑亮さん=人物風土記で紹介=が企画した。

 アンプティサッカーは米国で生まれた障害者スポーツで、2010年に日本国内で普及活動が始まった。「アンプティ」とは切断者を意味する。専用の器具を必要とせず、日常生活やリハビリ医療目的で使用されるクラッチと呼ばれる杖を駆使してプレーするサッカー。下肢切断者がフィールドプレイヤー、上肢切断者がゴールキーパーを務める。国内での競技人口は約100人と少なく、認知度も低い。

 イベントでは、少年サッカーチーム「FC高坂」に所属する小学5・6年生が体験するほか、選手らによるエキシビジョンマッチも行われる。

 「まずは競技の存在、面白さを来た人に知ってもらいたい」と松崎さん。現在は市外のチームでプレー。ゆくゆくは地元で結成したいと意気込む。

 観覧自由。時間は午前11時頃から午後2時まで。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

表現と「拡大/縮尺」の世界

横須賀美術館

表現と「拡大/縮尺」の世界

13日からセンス・オブ・スケール展

4月13日~6月23日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク