横須賀版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

活動報告 マリンスポーツのまち・横須賀へ 横須賀市議会議員 青木哲正

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
「北下浦ふるさとマラソン」SUPレースのスタート風景
「北下浦ふるさとマラソン」SUPレースのスタート風景

 今年で3回目を数える「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」(WWC)が5月10日(金)から15日(水)までの6日間、津久井浜海岸で開催されます。昨年は大会期間中に5万人の来場者が訪れ、迫力あるレースを楽しんでいただきました。

 会場ではレース観戦のために巨大なスクリーンが設置され、ドローンを使った映像、スマホのアプリでレースのライブ配信が行われるなど、さまざまなIT技術を駆使して大会を盛り上げました。今大会から、フォイルレース(空を飛ぶように海の上を滑空します)が正式種目として採用されます。

 今回は大会名に三浦が加わり、5月11日(土)と12日(日)の2日間、三浦海岸会場にライブスハウス「OTODAMA SEA STUDIO」が出現、ギネスに挑戦する1500人を超えるフラダンス大会やビーチスポーツも楽しめます。会場間の移動はスマートモビリティのEVバスが運行されます。

SUPも絶好の環境

 津久井浜を含む北下浦海岸では、ウインドサーフィンだけでなく、スタンド・アップ・パドル(以下=SUP)の普及にも取り組んでいます。ワールドカップ期間中は一般体験ができるようになっています。先月の「北下浦ふるさとマラソン大会」では、国内初の企画として、陸上のマラソンと並行してSUPのレースが行われ、世界選手権7位の中学生小貝ミウ選手も参加しました。

レース会場づくりと運営ボランティア募集

 昨年は津久井浜海岸のレース海面の海藻を除去するために3日間で1000名のボランティアの方が協力して、会場整備に努めました。今年も同様に4月17日(水)・18日(木)・25日(木)の3日間でレース会場を作ります。そのほか多くのボランティアの方々が大会運営に協力いただいております。

 さあ、今年もワールドカップを盛り上げましょう。皆様のご参加をお待ちしております!

(あおき・てつまさ)昭和30年11月29日生まれ・63歳/野比在住/4期目

青木哲正

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

マニフェスト説明&意見交換会

よこすか未来会議

マニフェスト説明&意見交換会

10月2日午後7時から、産業交流プラザ

9月20日号

油壷湾「係留ブイ」更新

県政報告

油壷湾「係留ブイ」更新

公明党 神奈川県議会議員 亀井たかつぐ

8月2日号

環境への取組 神奈川から

県議会議員活動報告【1】

環境への取組 神奈川から

立憲民主党・民権クラブ 野田はるみ

7月12日号

市民とつくる明日の横須賀

「くらしの声をかたちに。」

市民とつくる明日の横須賀

横須賀市議会「よこすか未来会議」の広聴会

6月14日号

平均年齢55歳の議会  若者の新風を

意見広告

平均年齢55歳の議会 若者の新風を

無所属・竹岡 力(25歳)

4月12日号

草の根から生まれる未来への光

意見広告

草の根から生まれる未来への光

神奈川県・横須賀市への提言

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社会課題あぶりだす15作

ドキュメンタリー映画上映

社会課題あぶりだす15作

佐島の高齢者施設会場に

12月22日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク