横須賀版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

「私の夢をはばむもの」 ソロプチ主催の弁論大会

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞を獲得した三浦学苑の八釣さん
最優秀賞を獲得した三浦学苑の八釣さん

 市内の高校生が一つのテーマについて自分の考えを論文で発表する「第10回ユースフォーラムin横須賀」が今月11日、横須賀商工会議所で開かれた。女性と女児の生活向上を目的に奉仕活動を行う組織「国際ソロプチミスト横須賀」(佐久間眞知子会長=人物風土記で紹介)が主催した。ユースフォーラムは青少年育成プログラムとして2000年から隔年で開催されている。

 「あなたの夢をはばむものは何ですか」をテーマに、市内の高校に通う7人の男女が、自分の考えを小論文にまとめ発表した。表現力やテーマ性、文章の構成、説得力などを評価基準に、同団体の佐久間会長や永妻和子副市長らが審査員を務めた。発表では、出産・育児によって働く道が限られてしまっている社会の現状、女性の非正規雇用率の高さを問題視する論文など、様々な意見が聞かれた。

「固定概念に捉われない」

 1位となるクラブ賞を獲得したのは、三浦学苑高校2年の八釣志穂さん。自身が理想とする社会について、夫が家事や育児を行う「主夫」が当たり前に存在するような日本になってほしい、との思いを論文にまとめた。昨年夏に市の親善大使として訪れたアメリカ・テキサス州での経験をもとに「現地で家庭によって、家族の役割が全く違う」とし、「日本では『家事や育児は女性がするもの』という考え方が未だに根強く存在している」と問題提起。環境やメディアによって作り出される様々な固定概念に捉われることなく、自分の価値観で判断することの大切さを訴えた。八釣さんは「自分の言葉で伝えることができた。同世代の人たちの考えも知ることができ良い経験になった」と笑顔を見せた。

 2位にあたる横須賀市長賞には、女性国会議員の少なさに着目した緑ヶ丘女子高校2年の村枝詩菜さんが選ばれた。

横須賀版のローカルニュース最新6

生活の息づかいを感じる

和風ドールハウス作家 高橋勝美さん

生活の息づかいを感じる 文化

5月24日号

過去最高のフィーバー

カレーフェス

過去最高のフィーバー 文化

2日間で6万5千人

5月24日号

「やさしくなあに」

ドキュメンタリー映画

「やさしくなあに」 文化

奈緒ちゃんと家族の35年

5月24日号

新たなご当地グルメに

三笠ビル商店街

新たなご当地グルメに 経済

あさり入り黒カレーを考案

5月24日号

観光立市を加速化

観光立市を加速化 経済

ガイド養成 民間3者が連携

5月24日号

93歳の「お絵描き」展

93歳の「お絵描き」展 文化

馬堀町在住 坂本さん

5月24日号

おいでよ田植え体験

おいでよ田植え体験 教育

長坂で6月2日、参加者募集

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「やさしくなあに」

ドキュメンタリー映画

「やさしくなあに」

奈緒ちゃんと家族の35年

6月16日~6月16日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク