横須賀版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

東京五輪聖火リレー 三浦半島を横断 今月中旬からランナー公募

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
三浦半島の起点は三崎港
三浦半島の起点は三崎港

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルート概要が、今月1日に公表された。

 神奈川県の発表によると、聖火ランナーが県内を駆け抜けるのは、来年6月29日(月)から7月1日(水)の3日間。初日は箱根駅伝の往路ゴール地点である芦ノ湖(箱根町)をスタート。日本遺産の大山(伊勢原市)、小田原市、大磯町、平塚市、茅ヶ崎市をめぐり、藤沢市へ向かう。

 2日目は、三崎港の三崎フィッシャリーナ・ウォーフうらりで出発式を行ったあと、横須賀市、鶴岡八幡宮(鎌倉市)、海老名市、厚木市を通過し、相模原市をめざす。

 最終日は川崎市の等々力競技場を出発。ゴールの横浜赤レンガ倉庫(横浜市)までを走り、途中、五輪会場にもなっている横浜国際総合競技場・横浜スタジアム周辺も回るという。

 一般公募で集まった聖火ランナーは、オリジナルのユニフォームに身を包み、1人約200mを走行。募集は五輪パートナー企業枠が6月17日(月)から、都道府県実行委員会枠は7月1日(月)から、中学生以上(来年4月時点)を対象にそれぞれ受け付けを開始する。

横須賀版のローカルニュース最新6

「おいしい横須賀」食べる・買う

「おいしい横須賀」食べる・買う 経済

地産地消ガイドブック

3月27日号

食堂と加工場 市庁舎地下に

横須賀セントラルキッチン

食堂と加工場 市庁舎地下に 経済

市内事業者がスペース利活用

3月27日号

子ども食堂でシェフの味

子ども食堂でシェフの味 教育

給食食材を転用し

3月27日号

春キャベツたっぷり「タンメン」フェア

横須賀周遊3コースサイクルマップ

ご利益は「疫病退散」

疱瘡神社

ご利益は「疫病退散」 社会

コロナ禍で参拝者増加

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク