横須賀版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

横須賀ジャズ若き至宝 宮脇惇さん初アルバム発表

文化

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
今月13日に「ちぐさ」で行われたレコ発ライブで演奏する宮脇さん
今月13日に「ちぐさ」で行われたレコ発ライブで演奏する宮脇さん

 大津在住のジャズクラリネット奏者、宮脇惇さんが今月13日、デビューアルバム『SCENERY』=写真左下=をジャズ専門レーベル「CHIGUSA Records」からリリースした。発売を記念したライブを29日(土)、大滝町のライブハウス「ヤンガー・ザン・イエスタディ」(YTY)で行う。

 25歳の宮脇さんは昨年10月、現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」が主催する新人発掘オーディションで最高位の「ちぐさ賞」を受賞。選考のライブ審査では、審査委員長を務めた音楽評論家の瀬川昌久氏から「スウィングの伝統を学んだ上で独自の音色、フレージング、センス、オリジナルの創造力など、高度なレベルに集約させている」と高い評価を得た。 今回の音源発表は、同賞の副賞として用意されたもので、自身が率いるバンドでクラリネット・リーダーを務めている。

 レコーディングは、20代・30代の先のバンドメンバーで臨み、パート毎に音入れを行う「ブース録り」ではなく、スタジオの中央に集まり、最小限のマイクで昔ながらの「一発録り」。勢いとグルーヴ感を閉じ込めた。

 宮脇さんは小学3年生の時に『BennyGoodman物語』を観てジャズクラリネットを独学で始めた。洗足音楽大学JAZZ科に学び、在学中に映画『この世界の片隅に』の劇中曲でクラリネットを担当。卒業後は横須賀、横浜、都内のライブハウス、ジャズバーなどで演奏を行っている。今秋の「横須賀トモダチジャズ2019」への出演も決定している。

 今月29日のYTYライブは、開演午後0時30分。観賞チケットは2500円。

 問い合わせはYTY【電話】046・828・8306

横須賀版のローカルニュース最新6

「横須賀の景色、歌に乗せて」

3人組バンド

「横須賀の景色、歌に乗せて」 文化

新曲リリースで自主企画ライブ

12月3日号

闇夜に浮かぶ

闇夜に浮かぶ 社会

ゴジラのイルミ

12月3日号

「カイ」だけど「タコ」

「カイ」だけど「タコ」 教育

観音崎自然博物館に“珍客”

12月3日号

「駅弁半島」拡大に支援を

「駅弁半島」拡大に支援を 経済

リターンに地場野菜など

12月3日号

種付け完了、元気に育って

猿島産ブランドわかめ「さるひめ」

種付け完了、元気に育って 経済

12月3日号

次期県議選の定数協議

次期県議選の定数協議 政治

横須賀・三浦が再編対象

12月3日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook