横須賀版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

チームクロシオ 「深海探査」世界準Vの技術 横須賀ゆかり調査メンバー報告

社会

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena
深海海底調査の無人ロボットの前で報告を行った4人のメンバー
深海海底調査の無人ロボットの前で報告を行った4人のメンバー

 光が届かない暗黒の世界「深海」の探査技術を競う国際大会で準優勝の快挙を成し遂げた「チーム・クロシオ」のメンバーが先月26日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットで市民向け報告会を開いた。世界の32チームが参加した大会の様子とともに、深海の謎を追う日頃の活動を紹介した。市内に点在する研究機関との連携を深めている横須賀市が主催。児童を含む350人の聴衆が熱心に耳を傾けた。

 「チーム・クロシオ」は、横須賀市内に拠点を置く国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)と日本海洋事業株式会社の職員らで構成。ギリシャ南部のカラマタ沖で開かれた無人ロボットを使って海底地形図を作成する大会「シェル・オーシャン・ディスカバリー・エックスプライズ」(アメリカ/XPRIZE財団主催)に挑んだ。未だ謎が多い深海を解明するために必要となる測量技術を競うもので、昨年の11月から12月にかけて決勝ラウンドが開かれた。

 報告会のステージ上には、大会で使用した無人ロボットと同じサイズのレプリカが飾られ、4人のメンバーがそれぞれの取り組みを話した。

 水深200m以上の海域である深海は電波が届かないため、音波の跳ね返りを利用して海底の状況を把握することを説明。

平均水深3800mの海域に無人ロボットを送り込み陸上で操作しながらデータを収集、短時間で地形図を作成する。大会ではこれの精密さなどが競われた。競技海域には支援母船も立ち入りが出来ないルールなども紹介した。

 これらの深海探査技術は、地震メカニズムの解明やメタンハイドレートやレアメタルなどの海底資源獲得、地球温暖化の予測などに応用されることも報告された。

 メンバーの1人は「深海は人類に残されたフロンティア。未来の子どもたちにも海や地球の謎を解明する研究に足を踏み入れて欲しい」と呼び掛けた。

横須賀版のトップニュース最新6

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

修繕工事現場に女性目線

(株)富士防

修繕工事現場に女性目線 経済

コンシェルジュが居住者対応

1月31日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

桜小に「地域スポーツクラブ」

桜小に「地域スポーツクラブ」 文化

旧上の台中に続き2カ所目

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク