横須賀版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

色彩鮮やか切り絵の世界 小原台の福島さん 初の作品展

文化

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
展示作品の前に立つ福島さん
展示作品の前に立つ福島さん

 立体感と色彩の鮮やかさを特徴とする独自の「切り絵アート」を生み出している小原台在住の福島肇さん(60)の初の作品展が、横須賀三浦教育会館(日の出町3の19の16)で開かれている。今月31日(土)まで 。世界のカエルをモチーフにした作品を中心に約60点を展示。来月には切り絵の楽しさを伝えるセミナーで講師も務める。

教育会館で今月31日まで

 切り絵は黒い紙に下絵を描き、ハサミやカッターを使って描線を残しながら切り進める絵画の一手法。福島さんはこれに色紙を用いることで精緻で美しい、絵や写真とも異なる味わい深い作品に仕上げている。

 切り絵の世界に飛び込んだのは今から8年前。偶然目にしたテレビの趣味講座をきっかけに独学で創作活動をスタートさせた。数年前まで地元の書店に勤務しており、ここで手書きのPOP制作を担当していた以外、アートの経験はなかったという。これまでに手掛けた作品は600点以上。鎌倉の街並みや鴨居の例大祭、イギリスの童謡であるマザーグースの世界観を表現したものなどがある。最近は横須賀に残る古い建物や懐かしい風景などに興味を向けている。

 今回の展示では、「跳ねる芸術」と表現されるカエルをモチーフにした作品が中心。鮮やかな色、愛嬌のある表情に関心を抱き、図鑑を頼りに完成させた作品群は標本としての役割を持たせるなどユニークで独創的だ。

 福島さんの作品展を主催する横須賀三浦教育会館では、初心者を対象にした切り絵セミナーも催す。福島さんの指導で手先を動かし、世界で1枚の作品を作る。

 作品展とセミナーの問い合わせは、同会館【電話】046・824・0683

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

残暑お見舞い申し上げます

本まぐろ直売所 夏の大セール

8月9日~19日まで毎日営業! 10日・11日・12日の3日間は特売日

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク