横須賀版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

「本人望む最期」医介連携で 三輪医院の千場医師らが講演

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
ACPの目的を解説する千場氏
ACPの目的を解説する千場氏

 米が浜通にある中島内科クリニックで今月9日、市内の診療所と介護従事者が連携を深める会が開かれた。両関係者ら約50人が参加した。

 この日のテーマは「医療・介護連携におけるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)について」。ACPとは、患者本人とその家族が、現在の病気だけでなく意思決定能力が低下する場合に備えて、終末期を含めた今後の医療・介護について専門家とともに事前に話し合うことを指す。

多種職介入が重要

 最初に、訪問診療など在宅医療を推進する三輪医院院長の千場純氏が講演。「命の危険が迫った状態では約70%が医療・ケアを自分で決定できなくなるといわれている」とACPの必要性を説明。医療者が知るべきこととして、「患者が医療に何を期待するか」や「優先することは何か」、意思決定の代理者として「誰に相談してほしいか・ほしくないか」などを事前に確認しておくことが大切である、と説いた。その上で「医療だけでなく介護など多種職で介入することが重要」と話した。

 続いて登壇したのは、おひさま訪問看護ステーションの管理者である中村あや子氏。実際の事例を紹介しながら、現場で感じたACPの役割を解説。患者の意向が尊重され、本人と家族の心のケアにもなることを挙げた。一方で時間と手間がかかることも指摘。「大切なのはその人の背景や価値観、目標をくみ取ること」と話し「在宅医療・介護は日常的な会話からその人となりを感じられ、患者側からも信頼を得やすい」と続けた。

 介護の立場として、居宅介護を行う「三輪医院くらしのケアサポートセンター」の管理者・春山誉夫氏が登壇。中村氏と同様に、実際の事例をもとに「なるべく早期に繰り返し行うことが大切」とし「ACPの存在の啓発と教育が必要」と強調した。

 講演後には、参加者らが感想や意見を交わす場面も見られた。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク