横須賀版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

生産者と商店街むすぶ大学生 上町イベントで味噌汁販売

経済

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
田鹿さん(左)と渡邊さん
田鹿さん(左)と渡邊さん

 上町商店街で今月5日(土)に開かれるハロウィンイベントで、立教大学の学生らが地元漁師との橋渡し役になり、地場産のアカモクを使った味噌汁を販売する。商店街は地域を活性化するためのアイデアを学生から取り入れ、活性化につなげる考えだ。

 この取り組みは立教大学法学部のゼミ活動の一環。森崎在住の渡邊日菜子さん(3年生)もメンバーの一人。「地域が抱える課題解決」をテーマに、現地取材などを通じて答えを導き出すことを目指している。渡邊さんは「生まれ育った地元に恩返しがしたい」とゼミ生らに横須賀を調査地に提案。人口減少や高齢化など、日本全体が抱える社会問題がいち早く到来しているエリアであることに着目し、地域の活性化につながる事例をつくることにした。

 今回は生産者と商店街をむすぶことで新たな可能性を生み出すことに注力。上町商店街が販売場所を提供し、長井の漁師で販路拡大を望む房竹丸の宮川聡さんが地場産の「アカモク」を具材にした味噌汁を売り出す。ゼミ生らも販売を手伝いながら購入者の反応をチェックする。

 商店街の田鹿和樹さんは「学生の意見から新しい気づきが生まれ、その意見を取り入れながら工夫を凝らしていきたい」と期待を寄せる。

 当日は午後3時から「叶不動産」横の駐車場で販売を行う。「学生のアイデアで地元商業者や生産者を元気にする取り組みを広げたい」と渡邊さん。市内の他大学との連携なども視野に入れ活動を継続していく考えだ。

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

郷土の歴史楽しく理解

浦賀奉行所開設300年

郷土の歴史楽しく理解 文化

周年イヤー突入祝うイベント

1月17日号

IoTでお得情報発信

衣笠仲通り商店街

IoTでお得情報発信 社会

モニター設置し実証実験

1月17日号

新成人4610人が門出

新成人4610人が門出 社会

中長期で大幅減少

1月10日号

生産者つなぐ交流スペースに

市役所旧地下食堂

生産者つなぐ交流スペースに 経済

市内事業者が加工場新設

1月10日号

「エンタメ」が活力を牽引

新春市長インタビュー

「エンタメ」が活力を牽引 社会

経済の果実を福祉に環流

1月1日号

再オープンは4月下旬

旧ショッパーズ

再オープンは4月下旬 経済

シネコンやブックカフェも

1月1日号

高校教育でじわり浸透

高校教育でじわり浸透 教育

課題研究や実習の題材に

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク