横須賀版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

プレミアム付商品券 低所得者の申請3割 今月から使用開始も低調

経済

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを掲示している店舗はまばら
ポスターを掲示している店舗はまばら

 消費税の税率引き上げによる影響緩和と消費喚起のため、市民税非課税者と子育て世帯を対象に発行する「プレミアム付商品券事業」。額面5千円(1セット)の商品券を4千円で購入できるもので、10月1日から使用期間が始まったが、購入申請は9月30日現在、対象者の約27%に留まっている。

 今回の「プレミアム付商品券」購入対象者は、今年度の市民税非課税者と3歳半未満の子どもがいる子育て世帯で約8万5千人。500円の商品券10枚綴りの1セット(5千円)を4千円で最大5セットまで購入でき、額面の25%がプレミアム分となる。

 今月1日からの使用開始に先立ち、市は市民税非課税者に対して7月下旬に申請書を送付。返信のあった人に引換券を発送し、これを持って市内の郵便局や金融機関4店舗で購入するという手順で、申請を受けて市が引換券を送付したのはそのうち2万1100人(9月30日現在)。対象者7万7687人のうち、約27%に留まっている。県内の他自治体でも2割〜3割と同様の状況だという。「申請書の返送や購入まで煩雑」「プレミアム分があっても、現金を持ち出すのは負担が大きい」などの声もある。申請は11月30日までで、市では再度呼び掛けを行っていくとしている。

利用店舗数も伸び悩み

 2015年に消費税8%引き上げ後、地域での消費喚起を目的に発行された「横須賀スーパープレミアム商品券」は購入対象に制限はなく、利用可能な店舗は2355店舗だった。今回は、対象業種を小売や飲食以外に拡大。不動産や医療や介護の自己負担分にも利用可能となったが、現状では1214店舗と伸び悩んでいる。また、利用店舗の一覧が分かるのは、専用のホームページのみで2週間ごとの更新。「どこで使えるのか」との問い合わせのほか、「ネット環境がない人には分かりづらい」という意見も出ている。

横須賀版のトップニュース最新6

21年春にリニューアル開業

よこすかポートマーケット

21年春にリニューアル開業 経済

新たな運営事業者を選定

11月8日号

まるで海上のダンス

ウインドサーフィン

まるで海上のダンス スポーツ

11月8日号

SUP世界大会で初V

北下浦中3年小貝実佑さん

SUP世界大会で初V スポーツ

ジュニア2種目で表彰台

11月1日号

暗闇と静寂 何を感じる

暗闇と静寂 何を感じる 文化

夜の猿島でアートイベント

11月1日号

アートと音楽で地域振興

衣笠地区

アートと音楽で地域振興 文化

木のオブジェなど資源活用

10月25日号

地域交流に学校施設活用

スクールコミュニティ事業

地域交流に学校施設活用 教育

モデル実施 第一弾は汐入小

10月25日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク