横須賀版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

迫力の運慶仏 芦名・浄楽寺で開帳

文化

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
迫力の阿弥陀仏を間近に見ることができる
迫力の阿弥陀仏を間近に見ることができる

 国の重要文化財である運慶仏5体を所有する芦名の浄楽寺で10月19日(土)、令和になって初めてのご開帳が行われる。

 日本で最も著名な仏師・運慶。全国に残る運慶作の仏像は31体といわれ、そのうち5体(阿弥陀三尊像・不動明王像・毘沙門天像)が同寺にある。

 当日は運慶仏5体に加え、横須賀市指定重要文化財で三浦半島最大級の釈迦三尊図も見学することができる(午前10時から午後3時)。午後2時から本堂法話、午後3時から十夜法要が開かれる。また、短歌や俳句を詠むスペースも用意し、参加者には散花を贈呈。

朝市で地場産品も

 飲食の屋台テントや同寺オリジナルの「運慶饅頭」(限定200個)も用意するほか、朝市も開催。地元で収穫された野菜や佐島の魚、三崎のマグロなどが並ぶ。

 仏像拝観料として200円。限定の御朱印、拝観は午後2時30分最終受け付け。問い合わせは、浄楽寺【電話】046・856・8622

横須賀版のローカルニュース最新6

モチーフは「レジ袋」

三浦市在住 友永さん

モチーフは「レジ袋」 経済

豚皮製エコバッグが人気

7月10日号

”心友”井上ひさし

”心友”井上ひさし 文化

小川さんが著書刊行

7月10日号

「音楽の灯を消さない」

コースカ×YAC

「音楽の灯を消さない」 文化

ステージ動画を配信

7月10日号

不登校の悩み 専門家に

不登校の悩み 専門家に 教育

フリースクールが相談会

7月10日号

「まちの将来像」に市民の声

追浜地区

「まちの将来像」に市民の声 社会

8月に地域懇談会

7月10日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円 城山商工会

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク