横須賀版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

横須賀市 BMX全日本大会誘致へ 来年5月 うみかぜ公園会場に

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
開設から20年超。昨年改修工事を終えた
開設から20年超。昨年改修工事を終えた

 横須賀市は、2020年の東京五輪で新たに実施される自転車競技BMXの国内大会「全日本BMXジャパンカップシリーズ第1戦」の開催誘致に向け動いている。会場はうみかぜ公園で、来年5月の開催を目指す。

 大会では、ジャンプ台を使い様々なテクニックの難易度や完成度を競う競技で五輪種目になっている「フリースタイルパーク」と、舗装された平らな地面で足をつかずにバランスを取りながら技を披露する、24年パリ五輪の追加種目として有力視されている「フリースタイルフラットランド」を実施。東京五輪出場選手も参加する見込みだという。

 日程は5月8日から10日を想定。市は誘致に向け大会を主催する全日本フリースタイルBMX連盟に開催費用の一部の3000万円を補助。そのうち2000万円は企業からの寄付金を募る。2019年度一般会計補正予算案に計上し、開会中の12月定例会に提出。狙いとして「スポーツによるまちづくり」を定着させることで、市のイメージ向上や市民活動の創出を掲げる。

機運の上昇期待

 公郷町にある市内唯一のBMX専門店「BMX SHOP CAVE」の店主・福田秀樹さんは、「後につながる形になってほしい」と話す。現状、うみかぜ公園にある設備では競技実施は難しく、市によると大会は特設で専用のジャンプ台を用意する予定だという。

 県内では本格的な設備を有している横浜市や藤沢市などで、選手育成の環境が整っている。

 福田さんは「競技への市民の関心が高まることで、将来的には横須賀に専用の設備が整ったら嬉しい」と期待した。

「地元競技熱高めたい」大和(おわ)晴彦さん

 湘南鷹取在住で、「フリースタイルパーク」のプロライダーである高校2年生の大和晴彦さん(CHIMERA DREAM SEED所属)も大会に出場する予定。

 大和さんは昨年岡山で開かれた全日本選手権で準優勝を果たすなど国内トップレベルの実力を持つ。定時制高校に通いながら国内外問わず転戦し腕を磨いている。

 小学3年生から競技をはじめ、中学生頃までうみかぜ公園で日々練習を積んできた。「地元の友達にも見に来てもらいたい」と話した。

「ロケーションが最高」と大和さん
「ロケーションが最高」と大和さん

横須賀版のトップニュース最新6

コロナ禍の「音楽家」支援

横須賀市

コロナ禍の「音楽家」支援 文化

配信ライブ、表現の灯消さない

8月14日号

テレワーク拠点化を推進

横須賀市

テレワーク拠点化を推進 経済

公共施設や空き家を活用

8月14日号

徘徊対策に無線活用

横須賀市

徘徊対策に無線活用 社会

官民連携で実証実験

8月7日号

コロナ影響、修学旅行中止

コロナ影響、修学旅行中止 教育

市立小全46校 中学19校で

8月7日号

「横須賀のオリンピアン」支援

Wサーフィン須長由季選手

「横須賀のオリンピアン」支援 スポーツ

市体協ネットで寄付募る

7月31日号

抗体保有率は1.04%

横須賀市

抗体保有率は1.04% 社会

市民約1千人が検査

7月31日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月7日~17日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三浦半島の文化を考える会

【講演会】

三浦半島の文化を考える会

パチンコ誕生、そのルーツ

9月5日~9月5日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク