横須賀版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

横須賀市 BMX全日本大会誘致へ 来年5月 うみかぜ公園会場に

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
開設から20年超。昨年改修工事を終えた
開設から20年超。昨年改修工事を終えた

 横須賀市は、2020年の東京五輪で新たに実施される自転車競技BMXの国内大会「全日本BMXジャパンカップシリーズ第1戦」の開催誘致に向け動いている。会場はうみかぜ公園で、来年5月の開催を目指す。

 大会では、ジャンプ台を使い様々なテクニックの難易度や完成度を競う競技で五輪種目になっている「フリースタイルパーク」と、舗装された平らな地面で足をつかずにバランスを取りながら技を披露する、24年パリ五輪の追加種目として有力視されている「フリースタイルフラットランド」を実施。東京五輪出場選手も参加する見込みだという。

 日程は5月8日から10日を想定。市は誘致に向け大会を主催する全日本フリースタイルBMX連盟に開催費用の一部の3000万円を補助。そのうち2000万円は企業からの寄付金を募る。2019年度一般会計補正予算案に計上し、開会中の12月定例会に提出。狙いとして「スポーツによるまちづくり」を定着させることで、市のイメージ向上や市民活動の創出を掲げる。

機運の上昇期待

 公郷町にある市内唯一のBMX専門店「BMX SHOP CAVE」の店主・福田秀樹さんは、「後につながる形になってほしい」と話す。現状、うみかぜ公園にある設備では競技実施は難しく、市によると大会は特設で専用のジャンプ台を用意する予定だという。

 県内では本格的な設備を有している横浜市や藤沢市などで、選手育成の環境が整っている。

 福田さんは「競技への市民の関心が高まることで、将来的には横須賀に専用の設備が整ったら嬉しい」と期待した。

「地元競技熱高めたい」大和(おわ)晴彦さん

 湘南鷹取在住で、「フリースタイルパーク」のプロライダーである高校2年生の大和晴彦さん(CHIMERA DREAM SEED所属)も大会に出場する予定。

 大和さんは昨年岡山で開かれた全日本選手権で準優勝を果たすなど国内トップレベルの実力を持つ。定時制高校に通いながら国内外問わず転戦し腕を磨いている。

 小学3年生から競技をはじめ、中学生頃までうみかぜ公園で日々練習を積んできた。「地元の友達にも見に来てもらいたい」と話した。

「ロケーションが最高」と大和さん
「ロケーションが最高」と大和さん

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月19日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

郷土の歴史楽しく理解

浦賀奉行所開設300年

郷土の歴史楽しく理解 文化

周年イヤー突入祝うイベント

1月17日号

IoTでお得情報発信

衣笠仲通り商店街

IoTでお得情報発信 社会

モニター設置し実証実験

1月17日号

新成人4610人が門出

新成人4610人が門出 社会

中長期で大幅減少

1月10日号

生産者つなぐ交流スペースに

市役所旧地下食堂

生産者つなぐ交流スペースに 経済

市内事業者が加工場新設

1月10日号

「エンタメ」が活力を牽引

新春市長インタビュー

「エンタメ」が活力を牽引 社会

経済の果実を福祉に環流

1月1日号

再オープンは4月下旬

旧ショッパーズ

再オープンは4月下旬 経済

シネコンやブックカフェも

1月1日号

高校教育でじわり浸透

高校教育でじわり浸透 教育

課題研究や実習の題材に

1月1日号

車事故リスク軽減の最新対策

横須賀市内トヨタ全店は市ブレーキペダル踏み間違い急加速抑制装置設置補助金対象

https://toyota.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク