横須賀版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 「SDGs金融」県が積極支援 中小企業の取り組み後押し

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 先の神奈川県議会本会議の代表質問で「SDGs金融」の取り組みについて、黒岩祐治知事の考えを質しました。これに対して、黒岩知事から「『SDGs』を地域に浸透させ、活性化に繋げるには、中小企業の積極的な関わりが必要。そのためには金融面からの支援が重要になる」との答弁を引き出しました。

 国連で採択されている「SDGs」は、貧困や男女格差、自然環境など

地球上のあらゆる問題を、誰もが当事者意識を持って解決していく世界共通の目標です。2030年末までに達成すべき17のゴールが設定されており、公明党としても強い決意を持って取り組みを進めています。

 市民の間でも「SDGs」の認知度が高まりつつありますが、企業も経営の中にこの概念を取り入れ、社会課題解決をビジネスチャンスにしていく発想が不可欠です。

 大手を中心に「SDGs」を自社の事業計画に反映させる動きが加速していますが、取り組みをより地域に浸透させるには、中小企業への広がりが鍵となります。私の提唱により県は「SDGs」に積極姿勢の企業を「かながわSDGsパートナー」として登録する制度を設け、「SDGsパートナー支援融資」など金融面からの支援に乗り出しています。

 今回の質問で県がコーディネーターとなり、企業と金融機関が連携する「かながわSDGs金融フレームワーク」を構築し、それを基盤に民間資金によるファンド、ローン、ソーシャル・インパクト・ボンドなど、多様な「SDGs金融」を呼び込んでいく方針を黒岩知事が答弁しました。

 中小企業の「SDGs」経営を行動と資金の両面で支援し、地域の好循環形成につなげられるよう、私も引き続き動いていきます。

亀井たかつぐ

http://www.kameisite.com/

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

休業要請事業者対象に県の助成金スタート

無会派となったご報告

市政報告連載第1回

無会派となったご報告

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

4月10日号

災害対策・地位協定・感染予防

県政報告【3】

災害対策・地位協定・感染予防

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員野田はるみ

2月21日号

県営住宅「入居者資格要件」緩和へ

県政報告

県営住宅「入居者資格要件」緩和へ

住宅困窮者対応と空室解消

2月14日号

「チーム横須賀」で力を合わせて

活動報告

「チーム横須賀」で力を合わせて

横須賀市議会議員 山本けんじゅ(自民党)

1月10日号

「住んで良かった」と思える街に

市政報告

「住んで良かった」と思える街に

横須賀市議会議員 大野 忠之

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク