横須賀版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

市役所旧地下食堂 生産者つなぐ交流スペースに 市内事業者が加工場新設

経済

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
「生産者の『困った』を解決できる場所に」と下澤代表
「生産者の『困った』を解決できる場所に」と下澤代表

 横須賀市役所本庁舎の地下1階旧食堂スペースについて、利活用事業者が決まった。昨年10月から募集していたもので、プレゼンテーション審査の結果、市内外で飲食事業を営む有限会社たのし屋本舗に決定した。コンセプトは「生産者の困ったを解決する、横須賀のセントラルキッチン」。三浦半島の農産物を使った加工場などを設け、ホールスペースは交流イベントにも活用する計画だという。

全国でも類のない庁舎利用

 市役所の地下スペースは本庁舎が新設された1985年から食堂として使われていたが、利用者の減少などにより昨年2月に事業者が撤退。市では食堂再開を模索したものの市場性の有無などから公募を見送り、現在は、市庁舎内の会議室不足を受けて、職員用の打ち合わせスペースとして利用している。

 市は昨年10月、食堂としての用途に限定せず「市民と市職員のための利活用」やよこすか再興プランで掲げる「横須賀の『おいしい食』を生かした地域経済の振興」などに取り組む事業者を企画提案方式で募集。12月に審査を行い、有限会社たのし屋本舗(下澤敏也代表)が選ばれた。

 同社は、横須賀ビール(大滝町)やうれしたのし屋(追浜町)のほか、横浜市内で三浦半島の農水産物をメインとした飲食店を運営。傷などがあり市場に出回らない野菜や自社の関連する畑で栽培している農産物をペースト・ピューレや粉末にしたり、ドレッシングなどの製品に加工したりする「コミュニティラボ(Co─Lab(コラボ))」も設けている。

 今回の地下スペース利活用では、横浜市内にあるこの加工場を移転。今年度中の稼働を目指し、従来の事業に加えて、海軍カレーのレトルトパウチ製造や生産者からの委託加工も行っていく。

体験講座も企画

 「生産から加工・販売まで三浦半島内で完結できる。それが市の中心部に集約できるのは大きい」と下澤代表。これまで横浜と行き来していた物流コストも軽減。加工の現場を社会科見学できるような仕掛けも考えているという。ホールでは、加工品や飲食物の販売のほか、コミュニティスペースを設け、料理教室や体験講座、交流イベントなども実施していく計画で「生産者をつないで、横須賀の食に関する発信基地にしたい」と話している。

03-3222-7982

10月27日(火)よこすか芸術劇場/昼の部13時30分開演・夜の部18時開演

http://www.bellworldmusic.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

知って行動「海洋プラゴミ」

横須賀市

知って行動「海洋プラゴミ」 社会

汚染問題解消に向け宣言

9月25日号

オンラインで工場見学

日産自動車追浜工場

オンラインで工場見学 教育

市内小学校で初実施

9月25日号

駅前広場の機能強化

追浜地区

駅前広場の機能強化 経済

立体ターミナル構想も

9月18日号

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔 社会

横須賀市職員が法人設立

9月18日号

BBQ施設で集客力アップ

観音崎公園

BBQ施設で集客力アップ 社会

県立初の民間事業者誘致

9月11日号

「シェアの心」絵本に込め

「シェアの心」絵本に込め 社会

ガス会社経営の水沢さん

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク