横須賀版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

衣笠仲通り商店街 IoTでお得情報発信 モニター設置し実証実験

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
キッズパーク内に設置されたモニターを指さす木継理事長
キッズパーク内に設置されたモニターを指さす木継理事長

 衣笠仲通り商店街はこのほど、空き店舗を活用した室内公園「まちなかキッズパーク」に加盟店が買い物情報などを発信するモニターを設置した。横須賀市と市産業振興財団が進めるIoT(モノのインターネット)導入支援事業の一環。今月31日まで実証実験として設置し、購買につながったかなどを計る。

 横須賀市が今年度進めている「市内中小企業のIoT導入に向けた支援」の一環。横須賀市産業振興財団が協力し工業・商業・農業・漁業の各分野でIoT導入の支援や可能性を探るもの。

 実験場所となるキッズパークは、商店街内の空き店舗を活用した室内公園として2016年に開所。大型遊具が設置されているほか、黒板やチラシラックなど地域情報の収集拠点としても機能している。管理人はいないが、監視カメラが設置されていることからセキュリティ面などを考え実験場所に設定された。

 モニターでは、商店街加盟店のお得情報などを写真付きで紹介。事前に商店街側から聞き取りを行い、扱いやすさや即時性などの要望があったことから各店の携帯やパソコンから情報を投稿でき数分後にアップされる仕立てにした。現在、商店街理事の11店が参加。期間は1月31日まで。実験ではモニター設置が購買行動につながったかなどを計る。同商店街協同組合の木継芳孝理事長は「どのような反響があるか楽しみ」と話した。

導入の契機に

 実証実験の目的について同財団の松本義弘常務理事は「消費につながってほしいのはもちろん、お店側がIoTの活用法を知る契機になれば」と話す。実験後は消費者の反応だけでなく、店側のやりがいや課題などの聞き取りを行うという。また今後、個店がPR方法として導入するきっかけになることも期待。「楽しみながら活用してみてほしい」と続けた。

 同財団では、今回の商業のほか工業や農業、漁業分野でも、IoTの導入事例などを紹介するセミナーや意見を出し合うアイデアソンなどを開催し、興味のある事業者に個別支援を行っている。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク