横須賀版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する 山本 佳依(かい)さん 野比在住 18歳

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

世界制覇で状況変える

 ○…青春時代の全てを捧げたソフトボールで最高の舞台に立つ。日本ソフトボール協会が選出する「男子U─18日本代表」メンバーとして世界大会に挑む。昨年の「U─17」に続き2度目の招集。喜びの声を求めると「アジアカップでの優勝経験を活かしてチームに貢献したい」と謙虚な発言。落ち着き払った顔に自信を宿した。

 ○…左投左打の外野手。巧みなフィールディング(守備)を武器としており、代表チームでレギュラーを獲得するためにこれを強くアピールする。パワーで勝る外国選手の強烈な打球にどう対応していくか。自分の力を試す絶好のチャンスでもあるという。

 ○…父の手引きで小学1年生の頃にソフトボールに出会い、すぐに夢中になった。野球より塁間がコンパクトなため展開がスピーディー。図らずも進学した中学校に部活動がなく、野球部に所属したことでソフトボールの面白さをより実感することとなった。高校は全国屈指の強豪校として知られる静岡県の飛龍高校へ。先輩や同年代の高いレベルの選手に刺激を受け、揉まれたことで急成長を遂げた。

 ○…世界大会のあるニュージーランドでは、ソフトボールがラグビーに次ぐ人気のスポーツだという。日本国内では、野球やサッカーと比してマイナーの域を出ず、五輪種目への採用も女子のみ。自身が小学生時代に所属したクラブチームもメンバーを確保できなくなり、解散した。このスポーツの地位向上に並みならぬ強い思いがある。「自分たちの世代が世界を制してソフトボールの存在をアピールしたい。これが状況を好転させるためにできること」。高校卒業後は岡山県にある体育系大学に進学し、競技を続ける。挑戦はまだまだ続く。

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク