横須賀版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

全国「みどりの愛護」のつどい 市内開催が決定 中央公園会場に来春

社会

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena
中央公園は東京湾を望む眺望が魅力
中央公園は東京湾を望む眺望が魅力

 2021年に開催される全国「みどりの愛護」のつどいが横須賀市で開催されることが決まった。会場は深田台の中央公園を予定。市と県が誘致に動いていた。

 市では1972年に、全国でも先駆的な「緑地条例(現行みどりの基本条例)」を制定。これは「みどりの保全と緑化の推進」を掲げたもの。制定から約50年が経つことや、中核市移行20周年の節目にも重なることから、緑化を将来に継承するとともに、地域の魅力を再認識する機会として誘致。中核市としては初めての開催となる。

 つどいは、都市緑地の意識を高め、緑豊かな住環境作りなどを推進するため1990年から毎年、国内の都市公園を会場に開催。緑地の保護・創出に尽力する団体など、約1500人が参加している。県内では2009年に横浜動物の森公園(横浜市旭区・緑区)で開かれ、当時の皇太子さま(現天皇陛下)と皇太子妃雅子さま(現皇后陛下)も出席した。

園路広場を整備

 横須賀市の来年度予算では、ルートミュージアムのサテライト拠点の一つでもある中央公園について「平和・文化・歴史」をコンセプトとした横須賀を象徴する公園として再整備を行うことが盛り込まれている。具体的には、園路広場の整備・バリアフリー化やトイレの新築工事、電気設備工事などを行う。

横須賀版のローカルニュース最新6

3年ぶりに歓喜の胴上げ

横須賀シニアクラブ

3年ぶりに歓喜の胴上げ スポーツ

川崎市長杯で2連覇

5月27日号

「縄文時代」命名の地

「縄文時代」命名の地 文化

旧田戸遺跡に公園設置要望

5月27日号

工作兵5千余名を悼む

久里浜 戦没者慰霊祭

工作兵5千余名を悼む 社会

5月27日号

日本庭園でワークショップ

日本庭園でワークショップ 文化

初夏の「万代テラコヤ」

5月27日号

市井の研究者、独自の視点で

横須賀製鉄所テーマに講演

市井の研究者、独自の視点で 文化

仏医師の功績と機械工作設備

5月27日号

ライブ文化を取り戻せ

ライブ文化を取り戻せ 社会

マスク画描き、音楽業界支援

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook