横須賀版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

横須賀市 妊活相談「LINE」で 無料通信アプリ活用、自治体では初導入

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
上地市長(写真左)とファミワンの石川代表
上地市長(写真左)とファミワンの石川代表

 横須賀市は今年度の新規モデル事業として、5月13日から無料通信アプリの「LINE」による妊活や不妊に関する相談を始めた。自治体初の取り組みで、妊活コンシェルジュサービスを展開する事業者に業務を委託。周囲に相談しづらい不妊や妊活について「悩む前に気軽に相談できる環境づくりのひとつに」と話している。

 国内では不妊に悩むカップルが5・5組に1組いると言われている。妊娠についての知識を身に付けたり、体調管理をしたり、不妊治療を行ったりする「妊活」という言葉が広まる中で、横須賀市は2016年に「ハッピーマイプラン事業」として妊活支援のパンフレットを作成。不妊や不育症の治療費助成のほか、こども健康課内に不妊・不育専門相談センターを立ち上げ、妊活セミナーなどを行っている。相談専用の電話は、1年間で約370人が利用。ただ、不妊の悩みはデリケートな内容のため周囲に相談しにくいという声もあり、市では参加型のセミナー等以外に、どのように寄り添えるか考えてきたという。

 専門家が直接回答

 市が業務を委託するのは、「LINE」を活用した妊活コンシェルジュサービスを展開する株式会社ファミワン(石川勇介代表取締役)。同社は不妊症看護認定看護師や臨床心理士、培養士、妊活に関するピアカウンセラーなど実際に医療現場でケアを行う専門家がLINE上で相談に応えるコンシェルジュサービスを展開。妊活を意識し始めたばかりのタイミングから、夫婦間のコミュニケーションのほか、キャリアとの両立、病院選びや治療中の悩みなどさまざまな過程での相談に対応しており、福利厚生の一環として導入している企業もあるという。市では、同事業の委託料として今年度予算に約30万円を計上。少子高齢化が進む中、上地市長は「子育て世代のサポートになれば」と話している。

 同社によると、同サービスの開始から1年半の累計登録者は約1万5千人で、男女比は1対9。「悩む前に気軽に相談できる環境を整えて、必要な情報を得られるようサポートしたい」と市担当者。モデル事業として、横須賀市民限定で10月31日までに新規登録した人は、来年3月31日まで通常有料の相談プランを無料で利用できる。詳細は市不妊・不育専門相談センター【電話】046・822・9818

横須賀版のトップニュース最新6

「時短か休業か」

新型コロナ緊急事態宣言

「時短か休業か」 社会

飲食店が悲鳴、売上減に拍車

1月15日号

「さいか屋」の来し方辿る

企画展

「さいか屋」の来し方辿る 社会

創業時の写真、中央の変遷も

1月15日号

晴れ舞台にコロナ禍影響

晴れ舞台にコロナ禍影響 社会

成人式が延期、日程未定

1月8日号

市中感染に危機感

上地市長年頭会見

市中感染に危機感 政治

「東京都と等しい陽性率」

1月8日号

2021年「横須賀」展望

2021年「横須賀」展望 経済

経済・観光活性に期待感

1月1日号

2021年、アーバンスポーツに熱視線

うみかぜ公園にBMX大会誘致

2021年、アーバンスポーツに熱視線 スポーツ

大和(おわ) 晴彦さん(湘南鷹取在住)

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク